データ容量追加もカンタン。IIJmioモバイル利用中にできる8つのこと

ライフハック
Photo by Brett Jordan on Unsplash

格安SIMを検討している人にとっては、乗り換え方法が気になるところですが、乗り換えた後にどんなことができるのかも気になると思います。

この記事では、僕が実際に使っているIIJmioモバイルを契約した後に使える会員サイトやアプリでできることを書いてみました。

SIMカードの追加

IIJmioモバイルを契約するとSIMカードが1枚送られてきますが、SIMカードを追加発行することもできます。一つの契約でSIMカードを2枚以上持てます。

持てるSIMカードの枚数は3つのプランごとに異なります。

ミニマムスタートプラン:2枚まで

ライトスタートプラン:2枚まで

ファミリーシェアプラン:10枚まで

SIMカードの追加依頼は、IIJmioのWebサイトからできます。下の画像は僕の画面です。2枚のSIMカードを発行してもらっているので、2枚表示されていますね。

ちなみに左のSIMカードは自分用、右のSIMカードは母親にプレゼントしたものです。

データ残量の確認

4G通信で利用できるデータ容量は、プランごとに決まっています。

ミニマムスタートプラン:4G回線を、月に3GBまで使える

ライトスタートプラン:4G回線を、月に6GBまで使える

ファミリーシェアプラン:4G回線を、月に12GBまで使える

残りのデータ容量は、Webサイトやアプリから確認できます。データ残量がなくなると3G回線に切り替わります。下の画像は公式アプリ『みおぽん』の画面です。

4G回線のON・OFF

「データ容量を使いたくない」という時には、4G回線をOFFにして3G回線に切り替えることができます。

データ容量の追加

データ容量が足りない時は、クーポンを購入することでWebからいつでも容量を追加できます。

クーポンは100MBあたり220円です。

大容量データオプションの追加

「クーポン購入では足りない」という場合には、20GBか30GBのデータオプションをWebから追加申し込みできます。

SIMカードの再発行・サイズ変更

モバイル端末によって、挿せるSIMカードの大きさが違います。携帯を買い替えた時などにSIMカードのサイズを変更したい時は、Webから申し込みができます。

申し込んだら郵送されてきます。申し込んでから届くまで、手元のSIMカードは通信不可になるのでしばし回線が使えなくなります。

プラン変更

他のプラン変更もWebからできます。窓口に行かなくていいのがいいです。

ちなみに上の画像にあるケータイプランは、データ通信のないガラケー向けのSIMカードです。

通話明細の確認

Web上で明細確認できます。PDFやCSVをダウンロードすれば金額も確認できます。

【まとめ】すべてWeb上で完結できる

おそらく他のMVNOもそうだと思いますが、IIJmioモバイルでも契約に関する手続きはすべてWeb上で完結できます。

わざわざ窓口に行って手続きをする必要がないので、夜の落ち着いた時に申し込み手続きができます。

タイトルとURLをコピーしました