Amazon Echo Show 5レビュー:ちょっと贅沢な卓上時計です

ガジェット

在宅ワーク環境を良くしようと、デスク周りをカイゼンしてます。広いデスクを導入したり、モニターアームを導入したり。

で、ふと気付いた事が「時計がないやん」。

そんな時、値下がりしていたEcho Show 5が目に止まったので買ってみました。

Echo Show 5って何?

Amazonが販売しているディスプレイ付きのスマートスピーカーです。アレクサというAIが入ってます。

「アレクサ、明日の天気を教えて」などと話しかけることで、情報を表示してくれます。

また、家電などと連携させて、声で家電を操作することもできます。

買った理由

卓上時計を探していた

自宅のデスク上に時計を置きたかった、という理由です。Macの画面上で時計は表示されますが、やっぱり気づきにくいんですよね。

また、卓上時計を色々探してたんですけど、なかなか好みのものが見つかりませんでした。うまく表現できませんが、下の画像のようないかにも「時計」って感じの時計が嫌だったんです。

常に情報を表示させ、変化させられるガジェットが欲しかった

気分や状況に合わせて、表示させる情報を変更できるガジェットが欲しかったです。

僕は気が変わりやすいので、時間だけを表示させたい時もあれば、天気情報も確認できるようにしたい時もあります。また、デジタル時計の気分の時もあれば、アナログ時計の気分の時もあります。

が、一般的な卓上時計で表示される情報は固定です。デザインも固定です。変化することを前提としていません。

タイムセールで安くなっていた

Echo Show 5の販売価格は9,980円です。

なんですが、たまたまEcho Show 5のページを見た時がAmazonのタイムセールで、4,980円になってました。買っちゃいました。

開封

爽やかな色の箱が届きました。

裏面には4つの特長。

ペリペリと開けます。

本体と電源アダプターが入っていました。本体は410gでスクリーンは5.5インチ。

各ボタンは本体上部にあります。左からマイクのON・OFF、音量Down、音量UP、カメラON・OFF。

カメラをOFFにすると、レンズにカバーがかかります。物理的にレンズが塞がれるので盗撮の心配がありません。

カメラON

カメラOFF

背面には、電源端子、micro USBポート、3.5mmステレオジャック。ステレオジャックがあるので、外部スピーカーに出力することもできます。

真ん中のmicro USBポートはメンテナンス用らしく、使いません。

初期設定

電源端子を接続して、Echo Show 5を起動します。

電源を接続すると勝手に起動しました。

言語を選択します。ディスプレイを直接タッチします。

Amazonアカウントを入力します。

利用規約に同意します。

タイムゾーンを設定します。

Echo Show 5を設置している場所を確認します。Amazonの配送先が表示されます。

Echo Show 5がある部屋を選択します。複数のEcho Show 5がある場合にグループ化できるようです。

Echo Show 5の名前を設定します。複数のEcho Show 5を使っている場合に、通話先や音楽再生するEcho Show 5を指定できるようです。

表示する時計と壁紙を設定します。あとから変更できます。

Echo Show 5の紹介動画が流れます。

動画再生が終わると、初期設定完了です。

Echo Show 5でできること

  • 時間を表示
  • 天気予報を表示
  • ニュースを再生
  • アラーム・タイマー
  • リマインダー
  • Amazonの配達情報を表示
  • 音楽を聴く
  • プライムビデオを見る
  • ビデオ通話
  • 監視カメラ
  • 家電の操作
  • スキルを追加する

時間を表示

Echo Show 5を買った理由です。時計はアナログ表示も可能です。壁紙も選択可能で、自分で撮影した写真を使うこともできます。

僕は時計と天気予報を常時表示して使っています。

天気予報を表示

「アレクサ、今日の天気を教えて」と言うと、天気予報を表示してくれます。

ニュースを再生

「アレクサ、ニュースを教えて」というとニュース音声を再生してくれます。音声なのでながら作業にピッタリです。

アラーム・タイマー

「アレクサ、○分計って」というとタイマーが動きます。目覚ましのようにアラームを設定することもできます。

リマインダー

アレクサにはリマインダー機能があります。スマホのアレクサアプリでリマインダーを設定して、通知をEcho Show 5に表示させることができます。

僕はリマインダーを使って、翌日のゴミの日通知をしています。

Amazonの配達情報を表示

Amazonで注文したものがそろそろ届くころになると、通知が表示されます。

また、未発送の注文を表示させることもできます。

音楽を聴く

「アレクサ、○○を流して」と言うと、曲を流してくれます。

僕の場合は、契約しているAmazon Musicから曲が検索され、再生されます。Apple MusicやSpotifyなどの音楽アプリを使うこともできます。

プライムビデオを見る

「アレクサ、○○(作品名)を流して」と言うと、動画が再生されます。Prime Videoの作品から検索して再生されるので、Prime Videoの契約が必要です。

なお、YouTubeの再生も可能です。

ビデオ通話

Echo Showシリーズやアレクサアプリをインストールしたスマホやタブレット同士で、ビデオ通話できます。

メインの用途としては、各部屋に置いたEcho Showを使って「ご飯できたよ」とか、実家にビデオ通話する時などでしょうか。

監視カメラ

Echo Show 5を監視カメラとして使うことができます。具体的にはスマホのアレクサアプリから、Echo Show 5のカメラ映像を見ることができます。

また、他のネットワークカメラの映像をEcho Show 5で見ることもできます。

赤ちゃんや留守中の動物の見守りにも使えますね。

家電の操作

Echo ShowとSwitchBot Hub Miniという製品を一緒に使うことで、家電の操作ができます。声でエアコンをつけたり、電気を消したり。

ここに書くには情報量が多いので、別記事で書こうかな。

Echo Show 5とSwitchBot Hub Miniのセットもありますね。

スキルの追加

Echo Show 5のAIであるアレクサには、スキルを追加できます。

このAlexaスキルには、子ども向けのゲームや、音楽系、ビジネス系、生活系など3,500以上あるそうです。

路線検索とか配送状況の確認スキルとかが役立ちそうですね。

音質

音質はこんなものでしょう

音質は「メインのスピーカーとしては力不足だけど、この大きさなら相応」という印象です。

キッチンや枕元に置いて、ながら作業時の音楽を楽しむにはちょうどよいかと。

外部スピーカーに繋ぐと吉

Echo Show 5の背面にはステレオジャックがあり、別のスピーカーに接続して音を出すことができます。

良い音で音楽を聴きたい人は外部スピーカーを使うのも良いです。

僕はYAMAHA NX-50に繋いで使っています。YAMAHA NX-50は入力端子が2つあるので、PCとEcho Show 5を同時接続できます。つまりPCとEcho Show 5の音を同時に出せます。便利。

【まとめ】卓上時計+αなガジェット、として使ってます

Echo Show 5は、卓上時計だけとして使うにはちょっと高いです。が、あると便利なガジェットです。

「家電を声で操作したい」「実家と気軽にビデオ通話したい」「スマートスピーカーが欲しい」などしたいことがあれば、とてもお値打ちなガジェットだと思います。ディスプレイがついているのが大きいなぁ。

タイトルとURLをコピーしました