マンションのオートロックのエントランスをスマホで開ける方法と3つの効果。鍵を忘れても遠隔操作で開ける。

ガジェット

僕の住んでいるマンションの共用エントランスはオートロック。たまに鍵を忘れて閉め出されることがあるので、スマホ(オンライン)から遠隔操作で開けられるようにしました。

カバンの中からカギを探すのにも毎回ごそごそと時間がかかっていたので、かなり便利になりました。

この記事では、マンションの共用エントランスをスマホで開けられるようにする方法を紹介しています。スマートキーですな。

この方法で共用エントランスを開ける流れ

  1. 共用エントランスから、自分の部屋番号を入力して呼び鈴を鳴らす
  2. スマホのSwitch Botアプリを操作して、自部屋内のインターフォンの「解錠」ボタンを押す

この方法に必要なものは2つ

Switch BotとSwitchBot Hub Plusという2つのガジェットを使うことで、この方法を実現できます。順番に説明します。

【必要なもの1】解錠ボタンを押してくれるSwitch Bot

1つ目はSwitch Bot。

これは手のひらに乗るほどの小さなデバイスでいろんなボタンを物理的に押してくれます。これを使って、スマホから自室のインターフォンの「解錠」ボタンを押します。

Switch Botを自室のインターフォンにぺたっと貼り付けます。(両面テープが付いています)

SwitchBotというスマホの専用アプリ(後述)でタップすると、Bluetooth経由で「解錠」ボタンを押してくれます。

Switch Bot単独でも、このようにスマホから「解錠」ボタンを押すことは可能です。

しかしBluetooth接続のため、

  • マンションの共用エントランスと自分の部屋が離れているとBluetoothの電波が届かない
  • 自身が不在の時に家族や友人が来た時、外出先から遠隔で開けられない

といった不都合があります。

そこでSwitchBot Hub Plus(Switch Linkから名称変更された?)も併せて利用すると、Bluetooth経由でしか操作できないSwitch Botを、インターネット経由で操作して「解錠」ボタンを押せるようになります。

【必要なもの2】Wi-Fi経由で解錠ボタンを押せるようにするSwitchBot Hub Plus

2つ目はSwitchBot Hub Plus。

これはインターネット経由でSwitch Botを操作できるようにするデバイスです。(ちなみに、SwitchBot Hub Plus自体にもエアコンやテレビを操作できる機能があります)

SwitchBot Hub Plusを自宅のWi-Fiに接続し、Switch Botとペアリングさせると、インターネット経由、つまりBluetoothの電波が届かない場所からでも、スマホからSwitch Botに「解錠」ボタンを押させることができます。

買うと、本体と電源ケーブルが入ってました。

設定方法

SwitchBotをスマホにインストールします。

‎SwitchBot
‎SwitchBotシリーズ製品で暮らし快適 !スマホのワンタッチでスイッチをオン・オフしたり、温湿度計でお部屋の状態を遠隔観測したり、ハブミニで家電を一括管理したりします。 SwitchBotと一緒にライフスタイルをスマートにしませんか? SNSでお得な情報をGET!ぜひフォローしてください - 公式HP: ww...
SwitchBot - Google Play のアプリ
SwitchBotは家のあらゆるシーンをシンプルなデバイスでスマート化するブランドです。取り付け簡単で革新的なスマートホーム製品で、住まいをより快適にします。 SwitchBotシリーズ製品で暮らし快適 !スマホのワンタッチでスイッチをオン・オフしたり、温湿度計でお部屋の状態を遠隔観測したり、ハブミニで家電を一括管理...

アプリでアカウントを作成して、ログインします。(画面はiPhoneアプリです)

『デバイスの追加』でSwitchbot Hubをタップします。

Hubに電源を入れて次へ進みます。

スイッチをONにします。

Wi-Fi接続情報を入力すると、Wi-Fiに接続されます。

接続に成功すると、この画面が表示されます。設置していたSwitch Botが既に表示されていました。

Hub Plus C7をタップし、Botをタップします。

Botの名前を変更できます。マンションのエントランスを開けるBotなので、『エントランス』にしました。

名前が変更され、ペアリングできました。

効果

鍵を忘れた時の代替手段になる

ありがちなのが、コンビニなんかに行く時に「スマホは持って出たけど、鍵を忘れた」という時。ドアの前で打ちひしがれることがなくなります。

また、スマホと鍵の両方を忘れても、Apple Watch(Cellularモデル)をつけていればエントランスを開けられます。エントランスに自室のWi-Fiが届いているのであれば、Apple WatchはCellularモデルじゃなくてもいけますね。

Apple Watchで共用エントランスを開ける

Apple WatchにSwitchBotアプリをインストールし、開きます。

設定したSwitch Botが表示されるので、これをタップすることでスマホアプリと同様に共用エントランスを開けることができます。ただし、Wi-Fi経由では接続できずBluetoothが届かないと駄目みたいです。残念。

ちなみにコンビニなど近場に行くときは、部屋の鍵は開けて行ってます。なので、共用エントランスさえ開けば自室に帰れるわけです。オススメはしませんが。。。

鍵もスマホもApple Watchもなかったら?管理人に頼むか、だれか帰ってくるのを待つか、がんばってください(笑

家族にバーチャルキーとして持たせられる

スマホをもたせているお子さんなんかいいですね。鍵そのものを持たせる必要がなくなります。仮に落としても、スマホなら遠隔でロックできますし。

鍵を無くすことが無くなる

知人の話なんですが、奥さんがよく鍵をなくすそうで(汗

「もうこれ以上無くされたら困る」ということで、スマホで開けられるようにしたそうです。物理的な鍵を持たなくなれば、鍵を無くすことすらできないですよね。

注意点

Switch Botの電池切れ

SwitchBot Hub Plusは電源接続で動くので、電池切れを心配する必要はありません。

ですがSwitch Botは電池で動いているので、たまに電池切れを起こしてないかチェックが必要です。Switch Botの電池が切れたら『うぃーん』と動いて解錠ボタンを押してくれなくなります。Wi-Fi経由だろうがBluetooth経由だろうが同じなのでご注意。

Switch Botの電池残量は、アプリの『ファームウェア&バッテリー』で確認できます。

電池はCR2というリチウム電池です。

電池の交換方法

Switch Bot本体の側面に隙間があります。ここからフタを開けます。

フタを開けると右側に電池を差し込むところがあります。電池の向きはプラス極が下です。

【余談】自分の部屋のドアをスマホで開けたい場合は、セサミ miniを使います

セサミ miniを使えば、自分の部屋のドアもスマホで開けることができます。余裕ができたらこれも導入してみようかな。

【2020年6月1日】

導入しました。

【まとめ】カギを忘れても安心感がある

オートロックはセキュリティが強い半面、カギを忘れたら詰むという諸刃の剣。物理的なカギ以外のロックを解除できる手段を持てたことで、安心感が増えました。スマホがスマートキーになるわけです。

ちなみに僕は、締め出しを喰らわないように以下の3つの手段を常に準備しています。(何度助けられたことか。。。)

  1. メインのカギ
  2. 小銭入れに予備のカギを入れておく
  3. Swich Botでスマホからカギを開けられるようにしておく

タイトルとURLをコピーしました