AirTagレビュー:「あれ、カギどこ置いたっけ?」から解放された

AirTag

2021年4月、出る出ると噂になっていたAppleの忘れ物タグが、ようやく発表されました。

実にシンプルな製品ですが、個人的には地味にありがたい製品です。

さっそく4つ買ってみました。

AirTagってなに?

2021年4月にAppleが発表した忘れ物タグです。

キーホルダーのように鍵や傘などにつけて、位置情報をiPhoneやiPad、iPod Touch、Macで確認できます。また音を鳴らすこともできます。

他の忘れ物タグとの一番の違いは、世界中のiPhoneを通じてAirTagの位置を知れる、ということでしょうか。Appleだからこそできた忘れ物タグという印象です。

AirTagのスペック

サイズ直径:31.9mm
厚さ:8mm
重量:11g
防水性能IP67等級(最大水深1メートルで最大30分間)
接続Bluetooth
スピーカー内蔵スピーカー
バッテリー交換可能なコイン型バッテリー(CR2032)

開封

小さな箱で届きました。

買ったのは4個セットのAirTag。

薄いパッケージです。

他のApple製品と同じように、テープをペリペリと開けます。

中身は、AirTagを梱包している紙とペーパー類。

開くと、4つのAirTag。

1つ1つがフィルムに包まれています。

フィルムを剥がします。

フィルムは電池の絶縁シートの役割も果たしているようで、引き抜くと音がしました。

上から見ると、囲碁の碁石のようです。

裏側にはAppleマーク。

指先でつまめる大きさです。

重さは11g。

蓋を開けるとボタン電池が入っていました。

CR2032というボタン電池。普通に流通している電池です。

iPhoneと接続してみた

フィルムを剥がしたAirTagをiPhoneに近づけると、接続を促す画面が表示されました。『接続』をタップします。

接続したAirTagの名称を決めます。どれを選んでも後から自由に変えられます。

  • カメラ
  • ジャケット
  • バックパック
  • ハンドバッグ
  • ヘッドフォン
  • 財布
  • 自転車
  • 手荷物
  • カスタム名

カスタム名を選ぶと、名称とアイコンを自分で選びます。アイコンは地図上に表示され、絵文字から選びます。

AirTagと紐付けるApple IDを確認して、『続ける』をタップすれば完了です。

ケースに入れ、カギなどに付けて完了です。 

ケースはESRのシリコンケースを使っています。Apple純正ケースの6分の1の価格で買えます。安い。

AirTagの位置を確認する方法

iPhone、iPad、iPod Touch、Macで『探す』アプリを開き、『持ち物を探す』を開くとAirTagの位置を確認できます。AirTagから音を鳴らしたり、AirTagがある場所までの経路検索などもできます。

またiPhone 11以降のiPhoneでは、AirTagの位置をさらに詳細に表示させることができます。

AirTag で鍵や財布などを探す – Apple

個人的な使いみち

個人的には、「家の中で行方不明になった時に探す」ことがメインです。外で盗難に遭った場合だと、AirTagをつけていても外されてポイっとされたら追えないですし。

  • カギにつける
  • 自転車につける
  • 財布に入れる

カギにつける

自転車のカギ

僕は家のカギと自転車のカギにつけて使っています。

特に自転車のカギは、「どこ置いたっけ?」状態にしょっちゅうなるので助かってます。

自転車につける

一度、自転車の盗難に遭っているので、ダメ元でサドルの裏あたりに付けようと思っています。

財布に入れる

500円大なので、小銭入れに入れるのも良いと思います。

注意点

Webブラウザ版の『探す』からは探せない

2021年5月現在、WebブラウザでiCloudにログインして『探す』を使っても、AirTagは表示できません。

電池は約1年

Appleによると、電池の持ちは約1年だそうです。それだけ持てば十分ですね。

【余談】スマホでマンションのエントランスを開けられるようにしてます

ちなみに僕はオートロックのエントランスのマンションに住んでます。

たまにあるのが、カギを持たずに外に出てしまうこと。こんな場合でもスマホでカギを開けられるようにしています。

オートロックのエントランスも、自室のドアもスマホで開けられます。こうしておくとカギを忘れた時にも対応できますし、心理的に結構安心です。

【まとめ】もっと薄く、無線充電できるようになれば嬉しい

自転車のカギが頻繁に行方不明になるので、AirTagはかなりありがたいです。

僕が使っているiPhone SE(第1世代)では、詳細な位置を表示させることはできませんが、音を鳴らせるので十分。

AirTagも他のApple製品のように、これからどんどんアップデートされると思います。個人的にはもっと薄くて、無線充電できるようになると嬉しいなぁ。なんかApple Watchの充電器に形が合う気もするし。

タイトルとURLをコピーしました