【比較】MacBookかiPad、どっち買う?8つの目的から考える

Apple

MacBook AirとiPad Airを使っている乃木介です。

MacBookかiPadのどちらを買おうか迷っている人って、結構多いみたいです。

僕の周りでも結構います。

MacとiPadの両方を使っている経験から、買うならどちらがいいかをまとめてみました。

どちらがいいかは目的によるので、「目的を明確にすべし」です。

MacとiPadの強みを把握する

個人的に思う、MacとiPadの違いを下に書きました。

ざっくりとした捉え方としては外れてないと思います。

Macは『情報の消費』と『情報の作成』ができる

情報の消費とは、何かを見たり、読んだりすること。

『情報の消費』の例
  • Webページを見る
  • ニュースアプリを読む
  • YouTubeなどで動画を見る
  • 電子書籍を読む

そして情報の作成は、何かを作ること。

『情報の作成』の例
  • 文章を書く
  • 履歴書を書く
  • Excelに数値を入力する
  • プレゼン資料を作る
  • ブログを作成する

この両方を問題なくできるのが、PC、、、というかMacです。

「できる」「できない」で言えば、iPadでも「できる」になりますが、使い勝手にハードルがあります。

iPadは『情報の消費』が得意で『作成』が苦手

iPadのようなタブレット端末は、情報の消費に特化しています。これにパラメーターを9割振っている印象。

ソファに座りながら動画を見たり、本を読んだり、キッチンで料理のレシピを見たり、、、のような情報を得ることに特化していると感じます。

iPadの強みは、アプリを指でタップするだけで、こういった情報をカンタンに手軽に見られること。

PCが苦手な人でも使いやすい端末です。

逆を言えば、先に挙げたような情報の作成が苦手ということです。または「iPadでもできるけど、PCのほうが得意」です。

あ、Apple Pencilを使った手書きは強いですよ。

メインの目的と利用シーンを、はっきりさせる事が大事

まず、メインの目的と利用シーンをはっきりさせましょう。

メインの目的とは「MacやiPadを使って、主に何をしたいのか」。

利用シーンとは「自宅デスクで使う」のか「カフェで使う」のか「立ちながら使う」などです。

特に注意すべきは、メインの目的

「あれもしたいなぁ」「これもしたいなぁ」ではなく、「これだけは絶対に実現させたい」という目的を軸に考えることです。

これがはっきりしていない状態で買うのは、ちょっと危険と思います。

MacBookが向いているメインの目的

資料作成やメールなど、デスクワークに使いたい

デスクワークは、情報の作成が多く発生します。文書作成、データ入力、メール作成などなど。

この場合は、間違いなくMacBookが向いています。iPadではないです。

そして利用シーンが家でも外出先でも、MacBookが向いています。

もちろんiPadでも、外付けキーボードとマウスを接続して、資料作成をすることは可能です。

ですが、Macの利便性には劣ります。

また外付けキーボードは別売りなので、費用もかさみます。Macより安いのに、その魅力が消えます。

この目的がメインにも関わらずiPadを買うと、「最初からMacBook買っておけばよかった」と後悔する典型的なパターンに陥ります。

仕事でWeb会議をしたい

「作った資料を画面共有しながらWeb会議したい」など、Web会議で色々したいことがあるならMacBookです。

iPadでも画面共有はできますが、使い勝手はMacBookのほうが良いです。

画面共有や、別ウィンドウを見ながらのWeb会議がしやすいからです。

いろいろ拡張して使いたい

拡張性はMacBookのほうが高いです。

外部モニターに画面出力してデュアルモニターにしたり、DVDドライブを接続したり、カードリーダーを繋いで確定申告したり。

iPadが向いているメインの目的

電車や入浴中に本や動画を見たい

電車でもMacBookを膝に置いて使うことはできますが、本を読むだけならスペックも費用もちょっとオーバーです。

また入浴中の利用がメイン目的であれば、iPad一択です。防水ケースを使って防水対策ができるからです。

MacBookを風呂で使うのはかなりハードル高いです。というか僕は、防水の方法を知りません。

Apple Pencilを使って勉強したい

iPadでは、Apple Pencilを使ってノートを書いたり、PDFに書き込みできます。

この機能を活用して、テキスト本やノートをiPad1台にまとめることができます。

僕も、宅建の勉強用にiPad Air (第4世代)とApple Pencilを使っていますが、かなり便利です。

画を描きたい

iPadとApple Pencilを使って画を描けます。

これはMacBook単体ではできません。(外付けでペンタブを使えばMacでもいけるかと)

iPadのアプリを使いたい

これがメインの目的ならiPadが無難です。

まぁアプリによっては、M1チップを搭載したMacでも稼働するのが、ちょっとした考慮点でしょうか。

Zoom専用の端末が欲しい

「Zoomだけできたらいい。他は何もしない」のであれば、iPadがいいと思います。

Macより安いからです。そこまでこだわらなければ、2世代前の中古品でもいいと思う。

「実家に置いて、親がカンタンにZoomできるようにしたい」といった場合もそうですね。

【まとめ】MacBookが確実と思うなぁ

iPadはよく出来た製品ですが、ここまで書いたように利用シーンがまぁまぁ限られます。

僕も読書目的でiPad Air (第4世代)を購入しましたが、『電車やカフェで本を読む』『風呂で動画を見る』『Apple Pencilを使って宅建の勉強をする』以外の用途では使っていません。

「使わないようにしている」のではなく、自然とそうなりました。

特に『風呂で動画』と『勉強』という2つの用途は、iPadでしかできないことです。

こういう「iPadでしかできないこと」が目的になければ、iPadは文鎮と化します。

メインの目的が「iPadじゃないと無理」でなければ、MacBookを買うのが確実だと思います。拡張性も高いですし。

タイトルとURLをコピーしました