Anker PowerPort III 65W Podレビュー:MacBook Proを約2時間で充電できるUSB-C充電器

ガジェット

家にUSB-Cの機器がじわじわと増えてきました。

Nintendo Switch、iPad Air (第4世代)、ミラーレスカメラのα7cなどなど。

さすがにUSB-Aの充電器では充電に時間がかかるので、初めてUSB-Cの充電器を買いました。これ速いわぁ。

開封

手のひらよりちょっと大きめのパッケージ。

黒を買いました。黒光りしてます。指紋つきます。

横:6.8cm

縦:4.5cm

厚さ:3cm

公式では重さ121gでしたが、測ってみると117g。

ポートはUSB-Cが1つ。

プラグはお馴染みの折りたたみ式。

特徴

最大65Wの出力

僕はiPad Air (第4世代)とiPhone SE (第1世代)を使っています。それぞれに付属しているUSB充電器の出力はそれぞれ20Wと5W。

しかし、今回買ったPowerPort III 65W Podは65W。iPad Air (第4世代)の3倍なんです、ええ。

それからM1チップ搭載MacBook Proの充電アダプターの出力は61W。余裕の馬力です。

Source: Apple

急速充電(USB PD)に対応

PowerPort III 65W PodはUSB PDという規格に対応しています。簡単にいうと急速充電できるということです。

充電する機器側もUSB PDに対応していれば急速充電できます。残念ながらiPhone SE (第1世代)は対応してません。

Anker公式によれば13インチMacBook Proを約2時間でフル充電できるそうです。

Source: Anker Japan

iPhoneであればiPhone 8以降がUSB PDに対応しています。

iPad Air (第4世代)で充電してみた

USB PDに対応しているiPad Air (第4世代)をPowerPort III 65W Podで充電してみました。ちなみにiPad Air (第4世代)に付属している充電アダプタの出力は20W。

使ったケーブルは100Wまで対応しているAnker PowerLine III Flow USB-C & USB-C。

PowerPort III 65W Podに替えて充電してみると、出力はだいたい28〜29Wでした。iPad Air (第4世代)は最大30Wまでの充電に対応しているようなので、それを最大限まで引き出した出力で充電できました。

USB-Aアダプタに比べて、格段に速かった

価値

充電時間を短くできる

USB PDに対応している機器に限定されますが、充電にかかる時間を圧縮できます。

「あーまだ充電しきってないのにー」とか「まだ充電終わらないんかな」といったストレスを減らせます。

2つ目のノートPC用電源アダプタを安く買える

MacBook Proに付属している電源アダプタは7,480円。外出用などにもう1つ買うにはあまりに高いです。

Source: Apple

対してPowerPort III 65W PodはAnker公式サイトで3,290円(2021年7月現在)。半額以下で買えます。

Source: Anker Japan

黒で統一できる

これは些細なことかな。しかもMacBookに限った話かも。

MaBook ProやAirのスペースグレイを買っても、付属する電源アダプタやケーブルは白です。

PowerPort III 65W Podには白と黒があります。黒を選んでケーブルも黒にすれば、全てを黒で統一できます。2021年7月現在、黒は売り切れているようです。

【まとめ】買って損しないアダプタ

大きさといい価格といい色んな面で手頃です。スマホもPCも充電できるので買って間違いはないかと。

これを買ったせいでMacBookの購買意欲が高まってしました。やばい。

タイトルとURLをコピーしました