【M1】MacBook AirかPro、どっち買う?Proを選ぶ理由が弱い5つのポイント【比較】

Mac

M1チップが搭載されたMacBook Airと、13インチMacBook Pro。

仕様を比べてみると、違いがかなり少ないです。

何が同じで、何が違うのか、比べてみました。

仕様を比較する

サイズと重量を比較する

両方とも13インチで、違いは薄さと軽さ。

MacBook Air
  • 110g軽い
13インチMacBook Pro
  • 5mm薄い

幅と奥行き、つまり上から見た時の縦と横の長さは一緒。

厚さは13インチMacBook Proが0.5mm薄い。

重さはMacBook Airが100g軽い。

MacBook Air13インチMacBook Pro
高さ0.41~1.61cm1.56cm
30.41cm30.41cm
奥行き21.24cm21.24cm
重量1.29kg1.4kg
MacBook Air
MacBook Pro

スペックを比較する

わかりやすくするためにCPU、GPU、ストレージを同じにして比べました。違いは5つ。

MacBook Air
  • 27,500円安い
13インチMacBook Pro
  • Touch Barがある
  • バッテリーが2時間長い
  • 電源アダプターが31W多い
  • ファンがある
MacBook Air13インチMacBook Pro
価格142,780円170,280円
CPU8コア8コア
GPU8コア8コア
ストレージ512GB512GB
メモリ8GB8GB
ディスプレイ13インチ True Tone Retina13インチ True Tone Retina
キーボードMagic KeyboardMagic Keyboard
Touch IDありあり
Touch Barなしあり
Thunderbolt / USB 4ポート22
バッテリー最大18時間最大20時間
電源アダプタ30W USB-C電源アダプタ61W USB-C電源アダプタ
ヘッドホンジャックありあり
Wi-Fi802.11ax Wi-Fi 6
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
802.11ax Wi-Fi 6
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
FaceTime カメラ720p720p
冷却ファンなしあり

このニーズがあるなら13インチMacBook Pro

むしろこのニーズがないなら、迷わずMacBook Airかと。

Touch Barが使いたい

Touch Barは、キーボード上部にあるタッチディスプレイ型の入力画面です。

これはMacBook Proにしかありません。

ちょっとでもバッテリー容量を大きくしたい

バッテリーの持ちは、MacBook Proのほうが2時間長い最大20時間。

MacBook Air13インチMacBook Pro
バッテリー最大18時間最大20時間

冷却ファンが欲しい

MacBook Proには冷却ファンがあります。

長い4K動画編集や、大量の写真現像をすると発熱があるかもしれないです。

こういう使い方がメインであれば、冷却ファンはあったほうがいいかもしれないです。

13インチMacBook Proを選ぶ理由はかなり弱い

ここからは僕の解釈です。

個人的に、M1チップ搭載の13インチMacBook Proを選ぶ理由は、かなり弱いです。

処理能力はAirと同じ

MacBook Airと13インチMacBook Proは、同じM1チップを搭載しています。

なので、処理能力も全くと言っていいほど同じです。

Geekbench Browser

バッテリーはAirでも十分もつ

M1チップのおかげでバッテリーの持ちがとても良くなりました。

MacBook Airのバッテリーは最大18時間、13インチMacBook Proは20時間。

13インチMacBook Proのほうが2時間長いですが、Airで十分すぎます。

Touch Barはいらん

13インチMacBook ProにはTouch Barが搭載されています。

発表当初、発想はとても良いと思ったのですが、いらないです。

モニターとTouch Bar間の目線移動が多くなって僕には使いづらいです。

もちろん、その効果を享受している人もいますが、いらないという人も多いです。

昔、僕の知人は「なんで高い金出して、わざわざいらん機能を買わなあかんねん」と、わざわざTouch Barのないモデルを買ってたくらい。

そしていらないという声が多かったのか、次のMacBook ProからTouch Barはなくなるそうです。

なくなるということは、Touch Barに対応するソフトウェアもなくなっていくということ。

なのでTouch Barがあると、むしろ邪魔に感じそうです。

冷却ファンが回ることは滅多にない

チップがM1に変わったことにより、発熱量が劇的に減っています。MacBook Airも13インチMacBook Proも。

事実、M1搭載のMac miniで4K動画を編集しても、ファンの音を聞いたことがありません。

ある方がTwitterでアンケートをされていた結果を見ても、13インチMacBook Proのファンが回ることは滅多にないようです。

かなり強い負荷をかけて、ようやく回り始めるようです。

MacBook Airのほうが軽い

ここまで書いたように、13インチMacBook Proを選ぶ理由が弱い上に、MacBook Airのほうが110g軽いです。

厚さはMacBook Proのほうが薄いですけど、差は0.5mmだけです。もはや誤差の範囲。

MacBook Air13インチMacBook Pro
高さ0.41~1.61cm1.56cm
30.41cm30.41cm
奥行き21.24cm21.24cm
重量1.29kg1.4kg

【まとめ】僕なら11万円の最安MacBook Airを選ぶ

27,500円多く払って「Touch Barと2時間多いバッテリーと冷却ファンが欲しい」なら、13インチMacBook Proです。

が、僕はいらないなぁ。必要性を全く感じない。

もし仮に13インチMacBook Proが1万円だけ高かったとしても、Touch Barが余計に感じるので、スッキリしてるMacBook Airを買うと思います。

日常使いや一般的なデスクワーク用なら、これで十分と思うなぁ。4K動画の編集もできるし。

さらに「動画や写真編集はしない。ドキュメント作成やWeb会議、動画視聴ができればいい」なら、最安のMacBook Airでいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました