【レビュー】M1搭載Mac miniで感じた7つの効果と4つの注意点

Apple

やっと届いた!

2020年11月13日に注文して、12月5日に手元にきました。かなり良いです。

買ったMac miniのスペック

僕が買ったMac miniのスペックです。

チップ:8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engineを搭載したApple M1チップ

メモリ:16GB

SSD:1TB

「せっかくだから」とメモリを8GBから16GBに、SSDを256GBから1TBにそれぞれ増やしました。ですが、色んなレビュー動画を見ていると、メモリは8GBでも十分だと思います。

ちなみにノンカスタマイズだと、注文してからすぐに届きます。

参考までにCPUの性能を示すベンチマークスコア(シングル)を見ると、Macの中ではMac miniは2020年11月現在トップ。2019年発売のiMacやMac Proよりもスコアが高いです。これを約8万円で買えるわけですよ。すげぇ。。。

Source: Geekbench Browser

開封

中身

真四角のダンボールが届きました。

封をペリペリと剥がして開けます。

パッケージがお目見え。

Appleらしい、いつものスッキリしたパッケージデザインです。

箱にピッタリの大きさでMac miniが入っていました。

Mac mini本体は、フィルムで覆われています。

ペリペリと剥がします。

背面の端子部分のシールも剥がす。

箱の底には、電源ケーブルとペーパー類。

封筒の中には、いつものステッカーも入ってました。

まとめると、中身は3種類。本体、電源ケーブル、ペーパー類。

本体の外観

ボディは100%再生アルミニウムだそうです。スベスベ。

高さ:3.6cm

幅:19.7cm

奥行き:19.7cm

重量:1.2kg

前面右下にライトがあります。電源が入ると光ります。

端子類は背面にまとまっています。USB 4はUSB-Cを挿せます。

裏側。今回のバージョンは自分でメモリ増設ができないので、開けることはないでしょう。

起動

電源ケーブルを挿し、モニターと接続し、電源ボタンを押して起動します。

こんな画面から始まりました。

言語などを設定します。

別に使っていたMacやPCから移行したいデータがある場合は、移行アシスタントで転送します。僕はないので、左下の『今はしない』を選択しました。

Apple IDでサインインします。Apple IDをまだ持っていない人は、新規作成するか、左下の『あとで設定』でいいと思います。

このMacにログインするアカウントを作成します。

iCloudキーチェーンを使用するかしないかを選択します。これは、いろんなWebページのログインID・パスワードやクレジットカード番号などを記憶させて、自動入力できるようにする機能です。

『探す』『エクスプレス設定』などを設定します。全部、そのままにしました。

最後に設定中の画面が表示されて、、、

設定完了です。

Mac miniを買った3つの理由

  • ノートではなく、デスクトップ型が欲しかった
  • 動画編集できるスペックのMacが欲しかった
  • デジカメをWebカメラとして使えるスペックのMacが欲しかった

ノートではなく、デスクトップ型が欲しかった

今まで使っていたMacBook Air(Early 2015)はノート。軽くて持ち運びがしやすいです。

デスクで使うときは、ウルトラワイドモニターに接続して使っていました。が、これだとデスク上のスペースが狭くなるんですよね。2画面もいいんですけど、それよりもデスクを広々と使いたいので。

MacBook Airを閉じた状態でモニターに接続するという手段(クラムシェルモード)もありますが、別の場所に持ち出したMacBook Airをモニターなどにいちいち接続するのが面倒でした。

具体的に言うと、持ち出したMacBook Airをデスクに置いて作業する時は『電源ケーブル』『モニターとの接続ケーブル』『有線LAN』の3本を毎回繋ぐ必要があったということです。その逆もしかりで。

ケーブルの接続をせず、ただMacの電源ボタンを押すだけで使い始めたいな、と。

なおiMacもデスクトップ型ですが、既にモニターを持っているので対象外でした。M1チップを搭載したiMacの発表もまだですし。

Mac Proは言わずもがな、僕にはスペックも金額も高すぎます。場所も取るし。

動画編集できるスペックのMacが欲しかった

事あるごとに「4K動画の編集をしたいな」と思うことがありまして。しかし、動画編集するにも今まで使っていたMacBook Air(Early 2015)ではスペックが全く足りません。

こういった理由で、以前から動画編集ができるようにMac miniと外付けeGPUを買おうと思っていたので、M1搭載Mac miniの登場はまさに渡りに船でした。しかも今回のMac miniは外付けeGPUなしで4K動画編集ができるので、金銭面でも助かります。

↓の動画では、M1搭載のMac miniでBlackmagic RAWの動画編集をしています。編集画面を動かしながら、さらにその画面を録画していますが問題なく動いています。

M1 Mac Mini – Changes EVERYTHING About Video Editing

デジカメをWebカメラとして使えるスペックのMacが欲しかった

僕は旅行先や物撮りにミラーレスカメラを使っています。これをZoomなどのWeb会議などで使いたいなと。

今まで使っていたMacBook Airでもミラーレスカメラを接続して使えます。が、スペックが足りていないのですぐにMacBook Airが熱くなります。で、カクツキ始めます。

試しにMac miniにミラーレスカメラを繋いでZoomを使ってみましたが、全く問題なく使えました。本体も全然熱くならないし、すごい。

ミラーレスカメラをWebカメラ代わりに使うと、ほんとキレイなんですよ。いや、完全に自己満足なんですけど。

ミラーレスカメラはアームに載せて、モニター後ろから撮るようにしています。

感じた7つの効果

  • デスク上が広くなった
  • Webページの表示が速くなった
  • Webカメラ用にデジカメを繋いでも、カクつかなくなった
  • 動画編集ができるようになった
  • ながら作業でも、YouTubeの画質が落ちなくなった
  • 熱による故障の心配が減った(長く使えそう)
  • ようやくUSB-Cが使えるようになった

デスク上が広くなった

MacBook AirがMac miniに変わったので、Macに必要な面積が小さくなりました。その分デスク上も広くなりました。

キーボードを端に寄せるだけで、スペースを広げられるので便利です。

また、外付けeGPUを買う必要もなくなったので、その分のスペースも空きました。

ちなみにマイクやWebカメラはアームで浮かせて使っているので、デスク上が散らかりにくいです。

Webページの表示が速くなった

MacBook Air(Early 2015)と比べて、明らかにWebページの表示速度が速いです。

ずっと使っていたので慣れていましたが、今まで遅かったんですね(笑

さくさく動くととても快適です。当たり前なんですけど、体感すると「おぉ」ってなります。

Webカメラ用にデジカメを繋いでも、カクつかなくなった

先述しましたが、デジカメをWeb会議用カメラとして使えるようになりました。発熱がなくなり、画面がカクつくこともなくなりました。

キレイな画質でWeb会議するとちょっとテンション上がります。コロナで外出しにくいこのご時世、Web会議の環境を良くすることもちょっとした楽しみです。

動画編集ができるようになった

僕が使っているミラーレスカメラはソニーのα6300。

4K動画の撮影ができるので、旅行先とか登山中に動画を撮りたいと思うんですけど、肝心の編集環境がありませんでした。しかしこれでようやく動画編集できます。

コロナで人の多い所には行けないので、人のいない所に行って楽しみつつ、そこで撮影した動画コンテンツをYouTubeに上げて他の人と共有したり、のようなライフスタイルができるかも。

ながら作業でも、YouTubeの画質が落ちなくなった

ウルトラワイドモニターを使っていまして、2つのウィンドウを表示させてます。片方のウィンドウでYouTubeを再生しつつ、片方のウィンドウでネットサーフィンしたりブログを書いたりするのにとても便利です。

なんですが、MacBoo Air(Early 2015)でちょっと重たいWebページを開いたりすると、YouTubeの画質が下がったりしていました。結構ストレス。

これがなくなったので、非常に快適。

熱による故障の心配が減った(長く使えそう)

MacBook Air(Early 2015)だと、ZoomやLightroomを使っていると本体が熱くなります。

Mac miniに限らず、M1チップを搭載しているMacBook AirとMacBook Proも、かなりの高負荷処理をしないと本体が熱くなりません。どれくらい熱が出なくなったかは、MacBook Airからファンがなくなったことからわかります(ファンレス、なかなか衝撃でした)。

とこんな感じでM1チップは発熱量がかなり低いので、熱による故障の(個人的な)心配が減りました。つまり、「長く使えそう」と感じています。

ようやくUSB-Cが使えるようになった

USB-C端子を持つ、我が家に来た初めての端末です。ようやくですよ。

USB-C端子のガジェットはまだまだ少ないと思う一方で、どんどん増えているのでようやく気にせず買えます。

Mac miniを買う場合の4つの注意点

  • モニター、キーボード、マウスが別途必要
  • マイクがない
  • Webカメラがない
  • SDカードスロットがない

モニター、キーボード、マウスが別途必要

Mac miniには画面がありませんので、別途モニターが必要です。個人的にはウルトラワイドモニターがオススメです。

同様にキーボードとマウスも付属しないので、準備が必要です。キーボードは純正品を選ぶのが無難だと思います。

マウスはエレコムのEX-Gを使っています。これ、握りやすくて良いですよ。

マイクがない

Mac miniにはマイクがありません。なので、MacBook AirやMacBook Proのように単独でWeb会議をすることはできません。

またマイク端子もないので、イヤホンプラグのEarPodsを挿してマイクとして使うことはできません。

USBかBluetooth接続できるマイクが別途必要です。

僕はMovo VXR10という小さなショットガンマイクをアームにつけて使っています。

Webカメラがない

MacBook Air、Macbook Pro、iMac、iMac Proには、Webカメラが付いています。

しかし、Mac mini、Mac ProにはWebカメラが付いていません。

なのでWeb会議をする場合は、マイクと同様にカメラも別途必要です。

SDカードスロットがない

Mac miniにはSDカードスロットがありません。

なので、デジカメで撮影したデータをMacに取り込むには、別途SDカードリーダーが必要です。デジカメをMac miniとUSBケーブルで接続するという手もありますが。

【2020年12月8月追記】

ドッキングステーションを買いました。

【まとめ】色んなことを我慢しなくてよくなった

性能が良いMacを買ったおかげで、今まで我慢してきたことが無くなってかなり快適です。

SDカードスロットがないことだけが個人的なデメリットですが、別のガジェットで普通に解決できることなので問題なし。

コロナで外でMacを使うことは当分なさそうですが、その時は古いMacBook Airで対応します。

発熱が減って、性能がとんでもなく向上したMac mini。かなり長い期間を使い続けられそうです。

タイトルとURLをコピーしました