Hyperlite Mountain Gear公式サイトで買って個人輸入する方法

ガジェット

Hyperlite Mountain Gearのバックパック、かなり人気みたいです。登山はもちろん、旅行にも使えるスッキリしたデザインが魅力です。

ですが日本国内の流通量が少なく、買うのが難しいです。

個人的にオススメしたいのが、アメリカのHyperlite Moutain Gear公式サイトから直接購入すること。日本国内に配送できます。いわゆる個人輸入。

この記事では、その購入手順を書いています。

手順

サイズと色を選んで、カートに追加する

Hyperlite Mountain Gear公式サイトで、買いたい商品を選びます。Web検索してると、日本では2400 WINDRIDERを持っている人が多いみたいなので、それを例に。

まずサイズと色を選びます。

『How to Choose a Pack Size』をクリックすると、サイズの選び方の説明が表示されます。色々書いてますが、一般的なバックパックと同様に背面長ごとにサイズが分かれています。

インチ表示されている数字をセンチに変換してみました。背面長は登山ショップで計ってもらうのが確実です。僕は好日山荘で計ってもらいました。

サイズインチセンチ
SMALL15.0” – 17.0”38.1〜43.18
MEDIUM17.0” – 19.0”43.18〜48.26
LARGE19.0” – 21.0”48.26〜53.34
TALL21.0”+53.34〜

もし背面長が各サイズの中間であれば、大きい方のサイズがオススメだそうです。例えば17インチであれば、SMALLとMEDIUMのどちらかだけどMEDIUMを選ぶべし、ということだそうです。ちなみに僕の背面長は53センチだったので、TALLを買いました。

サイズと色を選択したら、オレンジの『ADD TO CART』をクリックしてカートに追加します。

配送先を指定する

カートの内容が表示されます。カートに追加した商品を確認します。

間違いなければ、オレンジの『PROCEED TO CHECKOUT』をクリックします。

この画面では配送料が無料(FREE)と表示されていますが、これはアメリカ国内配送がデフォルトになっており、200ドル以上の購入で無料になるためです。次の画面で配送先に日本を指定すると、配送料が表示されます。

配送先を入力します。全て英語で入力します。住所の英語表記は変換サイトを使うと便利です。

配送方法を選択します。日本までの配送業者はFedexで、日本国内に入ると日本郵便にバトンタッチされます。

決済する

支払方法を選択して、情報を入力します。この例ではクレジットカードで決済しています。

最後にページ下の『Pay now』をクリックすると決済終了です。

注文が終わると、受付メールが届きます。

出荷通知から到着まで

僕が注文した時は注文が殺到していたらしく、「出荷遅れてます。ごめんね。」メールが届きました。

出荷されると出荷通知が届きます。

出荷通知メールにある『TRACK PACKAGE』をクリックすると、Fedexの荷物追跡ページを見れます。

出荷から5日で届きました。アメリカ東海岸のポートランドを出発して、テネシー州メンフィスに移動し、そこからアラスカを経由して日本に来てますね。

長方形の荷姿で届きました。

僕が注文したのは2400 SOUTHWEST。問題なく入ってました。

個人輸入する効果

国内で買うより安い

僕が買った2400 SOUTHWESTの購入金額は、配送料を含めて日本円換算すると4万円を切るくらい。日本国内の販売店だと5万円くらいになるので1万円ほど安く買えました。

サイズを選べる

日本国内で流通しているのは、大体SかMサイズ。僕のサイズはLよりも大きいTALLだったので、日本国内では買えませんでした。

少し高い金額を払ったとしても、個人輸入しないとそもそも買えなかったのです。

バックパック以外の商品も買える

Hyper Mountain Gearにはバックパック以外にも色々な商品があります。バックパック用のアクセサリーやテント、Tシャツなどが買えます。

テントがかなりカッコいいんですよね。高いけどとても気になる。

【まとめ】カンタンな英語なので大丈夫

Webサイトは全て英語表記。ですがカンタンな内容なので、英語に対して強いアレルギーがなければだれでも注文できると思います。日本で買うより安いのでオススメです。

まぁ、「そんなのめんどくせぇ!」という人は楽天とかで買うのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました