CalDigit TS3 Plusレビュー:MacのUSBが劇的に使いやすくなるドッキングステーション

Mac

2020年12月頭からM1チップを搭載したMac miniを使っています。速くて最高です。

が、Mac mini単体だと使い勝手にちょっと足りないところがあります。特にUSBなどの端子。

それを補うために、CalDigit TS3 Plusを購入しました。Mac miniだけじゃなく、MacBook AirやMacBook Proでも役立つガジェットです。

開封

真っ白い箱で届きました。

本体、電源アダプタ、Thunderbolt 3ケーブル、滑り止め用シリコン、取説類が入ってました。

本体

前面にはSDカードリーダー、オーディオ端子、USB端子があります。

背面には、有線LAN端子やDisplayport、USB端子は7つあります。

サイズは以下の通り。

高さ:131.0 mm

幅:40.0 mm

奥行:98.44 mm

重さ:0.47kg

Mac miniと並べると、その小ささがわかります。

Mac miniより少し分厚いです。

付属のThunderbolt 3ケーブルでMac miniと接続して使います。

CalDigit TS3 Plusでできること

  • 各端子の数を増やせる
  • SDカードを読み込める
  • ケーブル1本でデュアルモニターを使える
  • 光オーディオポートを使える

各端子の数を増やせる

CalDigit TS3 Plusには、合計15個の端子があります。3つの端子(2つのThunderboltポートとヘッドホンジャック)しか持たないMacBook AirやProを、18端子まで増やせます。

厳密に言うと、CalDigit TS3 Plusと接続するためにポートを使うので、実質の端子の数は16ですね。

SDカードを読み込める

2020年12月現在発売されているMacの中で、iMacとiMac Pro以外にはSDカードスロットがありません。

SDカードを使う人にとっては結構大きな問題です。

また、iMacとiMac ProのSDカードスロットは本体の背面にあります。CalDigit TS3 PlusのSDカードスロットは前面にあるので、スムーズにSDカードを挿せるようになります。

ケーブル1本でデュアルモニターを使える

これは、特にMacBook Air、MacBook Proユーザーに便利な効果だと思います。

Mac mini、MacBook Air、MacBook Proも、それ単体でデュアルモニター環境を作ることはできます。しかし、MacBookを持ち出す時はモニターに繋がるケーブルを抜き、モニターに繋げる時はケーブルをつなぎ直す手間が発生します。

さらに、2020年最新のMacBook Air、MacBook Proには、Thunderbolt 3端子は2つしかありません。なので、Mac本体だけでデュアルモニターをしようとすると、残りの端子は1つだけになってしまいます。

しかしCalDigit TS3 Plusを使うと、1本のケーブルだけでMacをデュアルモニター、またはトリプルモニターにできます。さらにMacBookであれば、出先から持って帰ってきてケーブルを1本繋ぐだけでデュアルモニター接続でき、空き端子の数も十分余裕を持てます。

5Kモニターに接続する場合は、1台までです

光オーディオポートを使える

CalDigit TS3 Plusには光オーディオポートがあります。高品質の音で聴きたい人にはありがたいポートです。

買った理由

  • SDカードを読み込みたかった
  • 各端子にアクセスしやすくしたかった
  • USB-A端子を増やしたかった
  • マイク端子が欲しかった

SDカードを読み込みたかった

M1搭載のMac miniには、SDカードスロットがありません。

僕はデジカメで撮った写真をMac miniに取り込んで、Lightroomで編集します。なので、SDカードスロットはマストと言っていいほど必要でした。

各端子にアクセスしやすくしたかった

Mac miniの端子類は、全て本体の背面にあります。なので、各端子の抜き差しがやりにくいんです。

Mac miniの背面

例えば、USBメモリーキーを挿す時はMac mini本体をくるっと回して背面を見えるようにするか、裏面を覗き込みながら挿す必要があります。

CalDigit TS3 Plusは前面にも端子があるので、すぐに挿せますし、すぐに抜けます。

僕は縦置きで使っています。

USB-A端子を増やしたかった

USB-C端子が増えている昨今ですが、USB-A端子を使うことはまだまだ多いです。マウスレシーバーやWalkmanへの曲転送など。

Mac miniにもUSB-A端子は2つあります。

しかし僕の場合、Bluetoothのマウスが嫌いなのでUSB-A端子のレシーバーの無線マウスを使ってます。これでUSB-A端子の1つを使うので、USB-Aの空きがもう1つしかないわけです。

さらに、大きめの機器をUSB-Aに挿そうとすると、他のガジェットにぶつかって挿せないことも起こります。

Mac miniに挿しているマウスレシーバーに当たって、ビデオキャプチャーを挿せない状態。

CalDigit TS3 Plusを接続することで、USB-A端子は5つ増えます。前面にも挿せますし、十分すぎるほどです。

マイク端子が欲しかった

Mac miniにはヘッドホン端子はありますが、マイク端子がありません。

Web会議をするとき、僕はMovo VXR10を使っています。が、このマイクの端子は3.5mmジャックなので、Mac miniに直接接続することができません。

なので、CalDigit TS3 Plusの前面にあるマイク端子にMovo VXR10を接続して、そこからMac miniに接続して使っています。

気になるところ

  • 電源アダプタが大きい
  • 値段が高い

電源アダプタが大きい

電源アダプタがかなりでかいです。

縦の長さは、本体(左)より長い

僕はあまり困ってはいませんが、収納する場所が小さい場合などはちょっと困りそうです。持ち出しもしにくいですね。

値段が高い

僕が購入したときで3万円ちょっと。今Amazonを見ると、よく売れているようで4万円近くになっています。

下手に小さなハブを買ってあとから後悔するよりいいんですけど、ちょっとお高いです。

【予期せぬ効果】Mac miniをデスク下に隠せた

僕が使っているデスクの脚はFlexiSpot E3。この金具部分にMac mini用のマウントケースをネジ止めして、デスク下にMac miniを吊り下げています。

これをすると、Mac miniの背面にある端子にアクセスが非常にしにくくなります。

ですが、Mac miniと接続したCalDigit TS3 Plusをデスク上に置いているので、全く困りません。むしろ、CalDigit TS3 PlusがあったおかげでMac miniをデスク下に隠せました。

【まとめ】高いけど、確実なドッキングステーション

昔に比べてMacは端子の数や種類が少なくなっています。それによって、デザインの美しさや機動性が高まっていると思います。

人によって必要な端子の種類って微妙に異なりますから、ポート増設をユーザに委ねている印象を受けます。

さらに、必要なポートって他に利用するガジェットによっても変化します。「iPhone 12を買ったから、PC側にUSB-Cポートが必要になった」みたいに。

必要なポートは網羅できているCalDigit TS3 Plusなら、1台でそういった変化に対応しやすいので末永く使えると思います。

タイトルとURLをコピーしました