【M1】Mac miniか24インチiMac、どっち買う?6つのニーズから考える【比較】

Mac

2020年11月、M1チップが搭載されたMac miniが発表されました。

2021年4月には、M1チップが搭載された24インチiMacが発表されました

僕はモバイル性を求めるならMacBook Airを検討します。

一方で、利用場所が固定されるならデスクトップ型を検討します。同じような人も多いんじゃないかな。

というわけで、Mac miniとiMacを比較してみました。ちなみに僕はMac miniを使っています。

スペックを比較する

サイズを比較する

まぁ、iMacはディスプレイが一体化しているので当然のごとく大きいです。

Mac miniiMac
高さ3.6cm46.1cm
19.7cm54.7cm
奥行き19.7cm14.7cm
重量1.2kg4.46kg (7コアGPU)
4.48kg (8コアGPU)
Mac mini – Source: Apple
iMac – Source: Apple

スペックを比較する

わかりやすくするためにCPU、GPU、ストレージを同じにして比べました。違いは10個。

Mac miniiMac
価格79,800円177,800円
CPU8コア8コア
GPU8コア8コア
ストレージ256GB256GB
メモリ8GB8GB
ディスプレイなし24インチ4.5K Retinaディスプレイ
キーボードなしTouch ID搭載キーボード
マウスなしMagic Mouse
マイクなし3マイクアレイ
スピーカー内蔵スピーカー6スピーカーシステム
Touch IDなしあり
Thunderbolt / USB 4ポート22
USB 3ポートなし2
USB-Aポート2なし
HDMIポート1なし
Ethernetポートありあり(電源アダプタに接続)
ヘッドホンジャックありあり
Wi-Fi802.11ax Wi-Fi 6
802.11a/b/g/n/ac
802.11ax Wi-Fi 6
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0Bluetooth 5.0
FaceTime カメラなし1080p
冷却ファンありあり
Mac mini
  • 98,000円安い
  • USB-Aポートが2つある
  • HDMIポートが1つある
24インチiMac
  • 24インチディスプレイがある(一体型)
  • Magic Keyboard、Magic Mouseがついている
  • マイクがある
  • 6スピーカー
  • USB 3ポートが2つある
  • ディスプレイ上部にFaceTimeカメラがある

GPUが7個の最安iMacにはUSB 3ポートがありません。

処理能力はほぼ一緒

2021年10月現在、販売されているiMac、Mac mini、MacBook Air、13インチMacBook Proはすべて同じM1チップが搭載されています。

Geekbenchで、M1チップが搭載されているMacのシングルコアのスコアを見ると、ほぼ同じ。

処理能力は同じと考えてよいと思います。

Source: Geekbench Browser

このニーズがあるならiMac

iMac1台ですぐに使いたい

Source: Apple

iMacを買えばディスプレイ、キーボード、マウスもついてきます。

なのでこれ1台を買えばすぐに使えますし、ディスプレイなどを別途準備する必要がありません。

iMac1台でWeb会議をしたい

Source: Apple

iMacにはマイク、スピーカー、FaceTimeカメラが内蔵されています。

なので、マイクやカメラなどを別途準備せずにWeb会議ができます。

Mac miniにはマイクとFaceTimeカメラは付いていません。

24インチのディスプレイで十分

iMacのディスプレイサイズは24インチ。(実際に対角線を測った場合のスクリーンサイズは23.5インチ)

この大きさで問題ない方はよいと思います。

これより大きい、または小さいディスプレイが良い人は厳しいかも。

このニーズがあるならMac mini

好きなモニターを使いたい

Mac miniは外部モニターと接続することを前提としたMacです。

なので、別途モニターを用意する必要がありますが、好きなモニターを繋げます。

「24インチより大きいモニターを使いたい」「もっと小さいモニターを使いたい」「モニターはある」などや、僕のように「ウルトラワイドモニターを使いたい」といった場合に良いです。

あ、一応24インチiMacのThunderbolt / USB 4ポートに、外付けモニターを繋ぐことはできます。いわゆるデュアルディスプレイ化。

費用を抑えたい

本記事で比較しているスペックの24インチiMacとMac miniの差額は、98,000円。

Mac miniを選び、モニターなどを別途準備しても、iMacよりも費用をだいぶ抑えられます。

例として、Web会議もすることを前提に参考予算を下に書いてみました。

外付けモニターやWebカメラなどを含めた予算です。合計金額は24インチiMacを買うよりも、ざっくり35,000円ほど安くなります

Mac miniの場合

Mac mini79,800円
34インチ
ウルトラワイドモニター
40,000円
Webカメラ8,000円
スピーカー9,000円
ヘッドセット6,000円
合計142,800円
Mac mini以外の金額は概算です

24インチiMacの場合

24インチiMac177,800円
合計177,800円

上に挙げたMac mini以外で別途購入するものは、ちょっと高めのものを選んでます(特にモニター)。

安いものを選べば、さらに1万〜2万円くらい安くできると思います。

僕がMac miniを選んだ理由

iMacかMac miniのどちらを選ぶのかは、これまで書いてきたとおりニーズによって変わると思います。

ちなみに僕はMac miniを使っています。

Mac miniは24インチiMacよりも早く発表されましたが、たとえ発表が同じタイミングでも間違いなくMac miniを買っていました。

理由は「Mac miniのほうが変化に対応しやすいから」です。

好きなウルトラワイドモニターを使いたかった

MacBook Airをメインに使っていた頃は、ウルトラワイドモニターに繋いで使っていました。

引き続きこのモニターを使いたかったので、Mac miniを買いました。

Mac miniはiMacのようなディスプレイ一体型ではないので、今後もっと良いモニターが発売されても、好きなモニターに交換することができます。

iMacはディスプレイ一体型なのでモニター交換ができないです。

一応、iMacに外部モニターを接続することはできますが、ウルトラワイドモニターを接続したら2台になるわけですから、かなり場所を取ってしまいます。

iMacはどこが故障しても、まるごと修理に出す必要がある

iMacは本体やディスプレイ、スピーカーやマイクなどが一体になっています。

それゆえケーブルマネジメントの手間が少なく、見た目もスッキリします。これ1台ですべて事足りる強みもあります。

一方で、スピーカーやWebカメラなどのパーツが故障した時に取替えができないです。

例えばiMacのディスプレイが故障した場合、iMacをまるごと修理に出す必要があります。昔のテレビデオみたいな感じ。

スピーカーやマイク、カメラを既に持っていた

Mac miniを買う前から、外付けのスピーカーやカメラなどを使っていました。

なので、わざわざオールインワンのiMacを選ぶ理由が弱かったです。

マウスやキーボードなど、僕がMac miniと一緒に使っているガジェットは↓の記事でまとめています。

好きなスピーカー、マイク、カメラを使いたかった

スピーカーとマイクとカメラを既に持っていたことに加えて、自分が使いたいものを使いたかったからです。

使いたかったスピーカーはYAMAHAのNX-50、マイクはMovoのVXR10、カメラはSONYのα6300

もちろんiMacにも繋いで使うことはできます。

しかしiMacに元から付いているスピーカー、マイク、Webカメラが不要だし、その分の価格がもったいないと感じました。

【まとめ】iMacデザインの好き嫌いが、意外とキーポイントかも

新しいiMacのデザインは賛否両論。好みがはっきり分かれると思います。

iMacのデザインが気にならないかどうかが、比較対象に入るか否かを左右するかも。

僕は前述の通りMac mini推し。

ただ、どちらも処理能力はほぼ同じなので、迷った場合は「なんかこっちのほうが欲しい」という気持ちに従うのもよろしいかと。

タイトルとURLをコピーしました