Mac Studioはハイスペックすぎて一般ユーザーはMac miniで余裕と思う2つの理由

Mac

Mac miniを毎日使っている乃木介です。

2022年3月9日にAppleが新しいMac、Mac Studioを発表しました。

Mac mini、24インチiMac、Mac Proに続く4つ目のデスクトップ型のMacです。

外観がMac miniと少し似ている事もあって、比較検討している人もいるかと。

個人的には「一般ユーザーならMac miniで余裕」と感じてまして、この記事ではその理由を書いています。

デスクトップ型のMacを比較

2022年5月4日現在、Appleは4種類のデスクトップ型Macを取り扱っています。

まず最も低価格で、約8万円で買えるMac mini。

Source: Apple

ディスプレイ一体型の24インチiMac。

Source: Apple

2022年3月9日に発表されたプロ向けのMac Studio。

Source: Apple

そして超絶ハイスペックのMac Pro。

Source: Apple

これら4つのデスクトップ型Macのスペックを、ざっくりまとめたのが以下の表。

今回発表されたMac Studioは、価格面でもスペック面でも「Mac mini以上、Mac Pro以下」という位置づけのMacです。

以下の表は、各機種のスペック比較です。

Mac mini24インチiMacMac StudioMac Pro
価格79,800円〜154,800円〜249,800円〜659,780円〜
モニター外付け一体型外付け外付け
チップM1M1M1 Max
M1 Ultra
Intel Xeon W
メモリー8GB
16GB
8GB
16GB
32GB
64GB
128GB
32GB
48GB
96GB
192GB
384GB
768GB
1.5TB
ストレージ256GB
512GB
1TB
2TB
256GB
512GB
1TB
2TB
512GB
1TB
2TB
4TB
8TB
512GB
1TB
2TB
4TB
8TB
外付けディスプレイへの
出力
2台1台5台12台
スピーカー
マイク
3.5mm
ヘッドフォンジャック
カメラ
有線LAN端子10/100/1000BASE
10Gb
オプション10Gb10Gb (2つ)
SDカードスロット
Thunderbolt 4ポート4つ (M1 Max)
6つ (M1 Ultra)
Thunderbolt 3ポート2つ2つ2つ
4つ
USB-Cポート
2つ
2つ (M1 Max)
USB-Aポート2つ2つ2つ
HDMIポート1つ1つ
Mac mini24インチiMacMac StudioMac Pro
2022年3月10日現在

※Mac Proは拡張次第でポートの数や種類が変わるので、初期値の仕様を記載しています。

これら価格やスペックなどを見て、「一般ユーザーならMac miniで十分だよね」というのが僕の感想です。

Mac miniで十分だと思う理由

一般利用なら余裕すぎるスペック

Mac miniはMacの中でも最安。8万円で買えます。

といいながら、スペックはかなりのものです。

シングルコアのスコアを見ると、IntelのCPU搭載のMac Pro (Late, 2019)よりもスコアが良いんです。

Mac Pro (Late, 2019)は2019年発売とはいえ、最低でも65万円以上するプロ仕様のMac。

Mac miniよりも約8倍も高い価格なのに、Mac miniのほうがスコアが高いんです。

M1チップすごい。

Source: Geekbench Browser

Mac miniに搭載されているM1チップがどれくらい優秀かというと、4K動画編集ができるくらい。(動画編集って高いマシンスペックが必要です)

僕はM1チップ搭載のMac miniで、Lightroomで写真現像をしたり4K動画編集もしますが、全く問題なしです。

文書作成やネットサーフィン、Web会議、動画視聴のような一般的な利用方法なら、余裕すぎるんです。

YouTubeを再生しながら、WordPressを編集したりしてます

ちなみに僕のMac miniは、4K動画編集をすることを考慮して、メモリを8GBから16GBへ念の為に増やしてはいますけど、一般利用なら8GBで十分かと。

Mac Studioの3分の1以下の価格で買える

Mac Studioの価格は249,800円から。Mac miniは79,800円から。

その差、約3倍。

「Mac Studioじゃないとダメ」という理由がなければ、価格面でもMac miniを買ったほうが良いと思います。

Mac Studioのほうが良い人

とはいえ、以下のようなニーズであればMac Studioを選んだほうが良いです。

モニターを3台以上接続したい人

Source: Apple

Mac miniに接続できるモニターは2台まで。3台以上のモニター接続は無理です。

Mac Studioは最大5台まで接続できます。

Mac mini以上、Mac Pro未満のMacが欲しい人

かなりざっくりな表現ですけど、Mac Studioは、

  • デスクトップ型のMacが欲しい
  • Mac miniだと心もとないけど、Mac Proは高スペックで値段も高すぎ

という人にピッタリです。

このサイズと金額で、このスペックはすごいです。

【まとめ】高負荷の処理をしないのであればMac miniで十分

Mac Studioは3DCGの制作や8K動画編集など、高スペックが求められる現場が利用シーンとして想定されています。

こういう使い方をしないのであればMac miniで十分です。

薄くて場所もとりませんし、デスクの裏に吊るしたりできますし

またノートPCも検討しているのであれば、同じくM1チップを搭載しているMacBook Airもよろしいかと。

タイトルとURLをコピーしました