オシャレに壁掛け。600円で自作するコーヒーカプセルの収納ホルダー(ネスプレッソ)

ガジェット

ネスプレッソのラティシマ・タッチ プラスを買って以来、家で美味しいコーヒーを手軽に安く飲めるようになりました。

カプセルを収納するためのホルダーを買おうかといろいろ探しました。が、欲しいものがなかなかなく、また結構なお値段なので自作することにしました。

僕は冷蔵庫にマグネットテープで貼り付けて使っています。マグネットテープの代わりに両面テープを使って壁に貼り付けることもできますし、ボードを別途用意してそれに貼り付けて使ったりもできます。

この記事では、必要な材料と費用、手順、効果を書いています。

材料・道具

以下が実際に使った物です。

  • ジョイナー
  • メジャー
  • ニッパー
  • マグネットテープ
  • ハサミ

ジョイナー

カプセルを挟んで保持するレールのようなものです。

僕は『JL-3982 エンビジョイナー』という1820mmのジョイナーを3本買いました。40cmごとに切って使うと、11レーンできます。

Amazonでは取り扱っていないようです。

なかなかの長さです。

左右非対称の溝があり、工の字になっています。この溝にカプセルの縁を入れて保持します。

メジャー

ジョイナーを切る時に長さを測るために使います。

ニッパー

ジョイナーを切るために使います。

マグネットテープ

切ったジョイナーを冷蔵庫に貼り付けるためのマグネットテープです。ジョイナーの幅が12mmなので10mmのものを使いました。100均でも買えます。

ハサミ

マグネットテープを切るために使います。

費用

メジャー、ニッパー、ハサミは持っていたので600円くらいで済みました。

全部買ったとしても、3,000円あればお釣りがきます。

作り方

ジョイナーを切る

ニッパーを使ってジョイナーを好きな長さに切ります。

10個並べられるように、40cmに切りました。

ジョイナーにマグネットテープを貼る

マグネットテープを切り、ジョイナーの裏側にマグネットテープを貼ります。

僕は最初、ジョイナーの両端だけに貼ってましたが、剥がれやすく、知らない間に落ちたりしました。なのでマグネットテープは貼る箇所は、写真以上に増やすことをオススメします。

ジョイナーを貼り付ける

ジョイナーを冷蔵庫に貼り付けて、カプセルを入れて完成です。合計で11種類のカプセルを最大10個ずつ収納できます。

各カプセルの名前がわかるように、カプセルの箱にあるマーク部分を切り取って挟んでいます。

縦にもできる

ジョイナーを貼り替えてレーンを縦にすることもできます。一番下に、ジョイナーを1本横に貼り付けてストッパーにしています。カプセルを支えるジョイナーになるので、マグネットテープは多めに貼ったほうが安心です。

マークにもマグネットテープを貼っています。

うん、縦のほうがジョイナーが使いやすいかも。

効果

4つの効果を感じています。

  • カプセルごとの在庫がひと目でわかるようになった
  • 自分の好みが見える化する
  • カプセルの種類が増えてもレーン増がカンタン
  • スペースが空く

カプセルごとの在庫がひと目でわかるようになった

今までは、カプセルは買った時の箱に入れたままだったので、「どれがあと何個残っているか」がとてもわかりにくかったです。

今は、ぱっと冷蔵庫の方を見れば一目瞭然。

自分の好みが見える化する

よく飲むカプセルは当然減りも早いので、自分の好みがよくわかります。僕はニカラグアばっかり飲んでますね(笑

全然飲んでいないカプセルの使い道も考えなくては。。。

カプセルの種類が増えてもレーン増がカンタン

市販のカプセルホルダーは、収納するカプセルの種類の増減が難しいですが、ストックしておきたいカプセルの種類が増えた場合はレーンを追加して対応できます。

変化に対応しやすいので、好みが変わったり、限定カプセルがでても安心です。

スペースが空く

壁に収納するので、カプセルの置き場所を確保する必要がなくなります。日本の狭い住まいでは、やはりマグネットは大活躍しますね。

【まとめ】オシャレなカプセルは飾らなきゃ損

ネスプレッソのコーヒーカプセルはカラフルで、それだけでオシャレなインテリアになりえます。

見える化を意識した収納をするだけで、ネスプレッソの使い勝手も部屋のオシャレ感もUPします。

自作する手間は発生しますが、安く済ませられ、変化に対応しやすい収納ができるのでオススメです。

タイトルとURLをコピーしました