【自作】ティッシュケースは浮かす。マグネットでスッキリ収納

ガジェット

ティッシュケースって近くにあると便利ですけど、それだけ場所を取るので邪魔にもなる諸刃の剣。

また、机やデスクの上にあると目につきやすくて生活感が強くなり、いくら部屋をオシャレにしてもティッシュにかき消されます。かと言って隠しすぎると利便性が消えてしまう。掃除もしにくくなります。

つまり「すぐに手が届く場所に置きたいけど、場所を取らず、目に付きにくくしたい」というのを実現できればステキなわけです。

この記事では、マグネットで浮かして収納できるティッシュケースの作り方を書いてます。カンタンにだれでも自作できます。

材料

作り方はカンタン。ティッシュケースにマグネットテープを貼り付けるだけです。

マグネットテープ

マグネットテープは幅30mmのものを使いました。

ティッシュケース

ティッシュケースは無印良品を使いました。普通のティッシュケースに貼り付けて、中身を入れ替える使い方でもいけます。

中身のティッシュは、ソフトパックのティッシュを入れて使っています。

作り方

作り方はとてもカンタン。

まずティッシュケースを組み立てます。

マグネットテープを切ります。長さはティッシュケースの横幅です。

ティッシュケースの底に、マグネットテープを貼り付けます。僕は30mm幅のマグネットテープを2本を貼り付けてますが、使うマグネットテープの幅が狭ければ本数を増やすといいと思います。

ペタっと貼り付けて完成です。

マグネットが張り付かない場所であれば、貼り付ける側にもマグネットテープを貼ればOKです。

僕はデスクの裏側に貼り付けてますが、ダイニングテーブルの裏側に貼り付けても便利ですね。

応用編

逆さに貼り付ける方法以外にも、いろいろあります。

キッチン

キッチンの換気扇に貼り付けて使っています。

すぐにパッと使いたい時が多いキッチン。でも、普通に置いておくと水で濡れたり、油で汚れたりします。

換気扇の外側に貼り付けておけば、すぐにティッシュを取れますし、水や油で汚れることもありません。

洗面台・洗濯機

洗面台もティッシュを使う機会が多いです。

僕の家では洗面台の横に洗濯機を置いています。この洗濯機の側面にティッシュケースを貼り付けて使っています。

歯ブラシ、ドライヤー、ワックス、石鹸のストックなど、モノの置き場所に常に困る洗面台ではかなり便利です。

【まとめ】浮かせば部屋がスッキリする

下に置かずに浮かすことで部屋の感じがスッキリしますし、掃除がしやすくなります。

ティッシュの置き場所も固定されるので、「あれ?どこいった?」にもなりません。

部屋が狭くなりがちな一人暮らしの方は、ぜひお試しあれ。自作でカンタンにできます。

タイトルとURLをコピーしました