MacBook Air/Proの代わりにiPad購入をオススメしない5つの理由

iPad
Photo by Francois Hoang on Unsplash

MacやPCが欲しくて、「iPadかMacBook Air/Pro、どっちにしようかな」と迷っているなら、iPadではなく素直にMacBook Air/Proを買うのが確実です。

MacBook AirとiPad Airの両方を使っている僕の経験から言うと、「iPadをMacのように使える」のは確かにそのとおり。

でも、あくまで「Macのように」であって「Macと全く同じことができる」ではありません。

僕の周りから「iPad Proを買ったけど、普通にMacBook Airを買っておけばよかった」という声がよく聞こえてくるので、書いてみました。

iPadの強み

iPadにはiPadの良さがあります。個人的に感じる強みを書いてみました。

直感的にできる操作の手軽さ

iPadの魅力はなんといっても操作の手軽さです。

iPadはディスプレイ上を指でタップしたりスワイプしたりと、直感的に操作できます。

しかもiPhoneよりも大きなディスプレイで。PCが苦手な人でも安心。

iPadがお披露目されたのは、2010年1月28日の発表会。

AppleのSteve Jobsはステージに用意されたソファに座り、まるで自宅のリビングで雑誌をめくるようにiPadを操作して、iPadの手軽さを魅せつけました。

このiPadの魅力は、10年以上経った今でも変わっていません。

2010年1月28日にサンフランシスコで開催されたAppleの製品発表会

軽い

iPadは物理キーボードがないため、MacBook Airに比べて軽いです。

また新しいモデルは古いモデルに比べて、さらに軽くなっています。

製品発表会でSteve Jobsが披露した初代iPadの重さは680g。2022年3月現在のiPadは487g。193gも軽くなっています。

参考までに、MacBook Airとサイズと重さを比べてみます。

11インチiPad Pro12.9インチiPad ProiPad AiriPadMacBook Air
厚さ0.59cm0.64cm0.61cm0.75cm1.61cm
24.76cm28.06cm24.76cm25.06cm30.41cm
17.85cm21.49cm17.85cm17.41cm21.24cm
重さ(Wi-Fi) 466g
(Cellular) 470g
(Wi-Fi) 682g
(Cellular) 685g
(Wi-Fi) 461g
(Cellular) 462g
(Wi-Fi) 487g
(Cellular) 498g
1,290g
2022年3月現在、Appleが販売している最新モデルで比較

iPadモデルで最も重い12.9インチiPad Proでも、厚さはMacBook Airの約39%、重さは約50%。

MacBook Airと比べ、カバンに入れても負担が少ないです。

プライベート利用であれば、家のソファや出先のカフェで本を読んだり、業務であれば立ち仕事が多い人に便利です。

場所を取らない

Photo by Patrick Schneider on Unsplash

iPadは物理的なキーボードがないので、使用時のスペースが少なくてすみます。

またスタンドに置いたり壁にかけたりと、MacBookに比べて設置方法に選択肢があります。

業務利用であれば、テーブルやスタンドなどに設置して顧客が操作できるようにしたり、工場などの現場で生産管理の情報を表示させたり。

他にも作業指示書やマニュアルを管理する、などの使い方があります。

防水対策がしやすい

iPadは1枚の板のような形状。使用時も未使用時も、その形は変わりません。

なので、防水対策がしやすいです。防水ケースに入れるだけで水回りでも使えます。

私用であればキッチンやお風呂。業務であれば工場などでも。

実際、僕はiPad Air (第4世代)を防水ケースに入れ、風呂でYouTubeやNetflixを楽しんでます。

Apple Pencilが使える

2015年9月にiPad Proが発表されました。同時にApple Pencilも発表されました。

発売当初、Apple Pencilに対応しているのはiPad Proのみでした。

しかし2022年3月現在、最新の各iPadはすべてApple Pencilに対応しています。

手書きノートを電子化したい時や絵を描く仕事でも、Apple Pencilを使って対応できます。

iPadをMac代わりに新規購入することをオススメしない理由

挙げればきりがないんですけど、5つほど。

物理キーボードの追加で割高になる

iPadをMacのように使うためには、物理キーボードが追加で必要ですが、そのぶん割高になります。

iPadには、Apple純正のキーボードが2種類あります。

トラックパッドの『あるキーボード』と『ないキーボード』です。

それらの金額を、各iPadの本体価格に加算して比較してみます。

最初はトラックパッドのあるMagic Keyboardで比較してみます。

下の表の通り、キーボードの追加でiPad ProはMacBook Airより高くなり、Proより安いiPad AirもMacBook Airと変わらない金額になっています。

11インチiPad Pro12.9インチiPad ProiPad AiriPadMacBook Air
本体94,800円129,800円74,800円39,800円115,280円
キーボード34,980円41,580円34,980円
合計129,780円171,380円109,780円115,280円
2022年3月現在、Appleが販売している最新モデルで比較

次はトラックパッドのないSmart Keyboard Folio、Smart Keyboardで比較します。

これらのキーボードには、カーソルを動かせるトラックパッドがないため、Magic Mouse 2を追加しています。

Magic Mouse 2
11インチiPad Pro12.9インチiPad ProiPad AiriPadMacBook Air
本体94,800円129,800円74,800円39,800円115,280円
キーボード21,800円24,800円21,800円18,800円
マウス8,800円8,800円8,800円8,800円8,800円
合計125,400円163,400円105,400円67,400円124,080円
2021年2月現在、Appleが販売している最新モデルで比較

iPad Pro、iPad AirはSmart Keyboard Folio、iPadはSmart Keyboardの金額です。

iPadであればMacBook Airの半額くらいで済みますが、他のiPad ProやiPad Airでは金額差がほとんどありません。

物理キーボードの追加で、軽さが消える

iPad用のMagic Keyboardであれば、MacBook Airと同じようにトラックパッドを使ってカーソル操作ができます。

が、かなり重たいです。

iPad本体と合わせると、MacBook Airと変わらない重さになります。ざっくり言ってしまえば、MacBook Airのほうが軽くて安いんです。

11インチiPad Pro12.9インチiPad ProiPad AiriPadMacBook Air
本体(Wi-Fi) 471g(Wi-Fi) 641g(Wi-Fi) 458g(Wi-Fi) 490g1,290g
Magic Keyboard593g701g593g
合計1,064g1,342g1,051g1,290g
2021年2月現在、Appleが販売している最新モデルで比較

なので、ややこしいことをせずに「MacBook Airを買うほうがいい」と思ってしまいます。

文字入力がしにくい

「MacBook Airを買っておけばよかった」と後悔している知人たちから、一番聞こえてくる声が「iPadは文字入力がしにくい」です。

今のiPadは、Apple Pencilが使えます。そしてカバンに入れても軽いので、持ち運びにはいいです。

なので知人たちは、iPadとApple Pencilだけを持ち歩き、物理キーボードは持たずに軽くしています。

「文字入力したくなったら、Apple Pencilを使おう」という思考です。

しかしいざ使ってみると、手書きと変わらないスピードと手間なので「あー物理キーボード使いてぇ」となります。

iPadには、画面に表示されるオンスクリーンキーボードがありますが、物理キーボードの打ちやすさには到底かないません。

でも先述のとおり、物理キーボードは重いし高いです。

なので「素直にMacBook Airを買っておけばよかった」となるわけです。

デュアルモニター表示ができない

下の画像は、MacBook Airをウルトラワイドモニターに繋いでいる様子。

外部モニターに接続して、表示領域を増やすことができます。いわゆるデュアルモニター。

iPad ProやiPad Airでは、このようなデュアルモニター化ができません。

一応、iPadに表示されている同じ画面を、外部モニターに表示させることはできます。ミラーリングというやつですね。

しかしデュアルモニターのように、画面域を広げる拡張はできません。(写真アプリなど、一部のアプリはできます)

なので、外部モニターで表示域を拡張させて「iPadにブラウザを表示させて、それを見ながらモニターに表示しているExcelにデータ入力する」ということができません。

iPhoneの母艦になれない

iPhoneのバックアップをiCloudで行っている場合は問題ないですが、写真や動画データが大きいと、無料のiCloud容量では足りません。

なので、iPhoneをPCやMacに接続してデータバックアップをする人も多いと思います。iPadだとこれができません。

iPadが向いているケースは?

次に、iPadが向いていると思うケースを挙げます。

以下の項目を、Macでできることよりも優先したい人は、MacではなくiPadがいいと思います。

メモや文字入力をペンでしたい

紙にペンで書くようなことをしたい人は、iPadが向いていると思います。

これはMacBook Air/Proではできませんから。

ペンで絵を描きたい

これもMacBook Air単体ではできません。ペンタブを買ってMacに繋げばできますが。

「ペンで絵を描くこと」が最優先であるならiPadです。

情報を見ることだけをする

iPadのようなタブレット端末は、データ入力にとても弱いです。情報を見るだけならいいんですけど。。。

例えば、会社でPCの代わりにiPadと物理キーボードを渡されて「これで、Excelにデータ入力して」って言われたら、「なんでiPadなのよ。PCくれ。」ってなる人がほとんどかと。

逆に言えば「Webページ閲覧や読書、動画視聴だけができればいい」という人であれば、MacBook Airはオーバースペック、、、かもしれません。

僕はそれでもMacBook Airのほうが良いですが。。。(検索時の文字入力のしやすさとか、ブラウザの使い勝手とか、外部ディスプレイへの出力とか。)

iPadは、データ入力はMacBook Airには敵いませんが、情報を見るだけなら問題なくできます。

そもそもタブレット端末は、『見る』『読む』といった情報を消費することには向いていますが、情報を作ることにはあまり向いていません

ちなみ僕は、iPadを読書専用に使っています。個人的にAndroidよりページめくりがしやすいんです。

PCが苦手な人

iPadは常に電源ON状態が通常。

なのでPCのように起動して、ログインして、という作業が発生しません。

暗証番号やTouch ID、Face IDなどでロック解除するくらいです。

また、操作も指を使って個別のアプリを開いて使うので、全ての操作が直感的です。

僕の高齢の母親はPCの苦手意識がとても強いですが、タブレット端末で麻雀ゲームやGoogle検索、YouTubeを見たりしています。

風呂で使いたい

MacBook AirやProを、風呂場で使うことはかなり難しいと思います。

防水対策ができない、と言えるからです。

対してiPadは防水対策がしやすいです。防水ケースに入れるだけでいいので。

僕もiPad Air (第4世代)を、防水ケースに入れて風呂で使っています。動画を見ながら湯船に浸かるって、結構いいですよ。

アウトドアで使いたい

「登山に持って行って、テント内で動画や読書などの暇つぶしに使いたい」みたいな、アウトドア利用が目的ならiPadのほうが向いていると思います。

特に、小さなiPad miniなんか良さげです。

理由は、まずMacBook Air/Proに比べて軽いからです。

特に登山など、アウトドアでは荷物を減らすことが結構重要なので。まぁ「私、車だし」という人は関係ないかも。

もう1つは防水対策がしやすいからです。

さっき挙げたように、防水ケースに入れるだけで対応できます。

もちろん「濡れたり汚れたりしない場所で、キーボードをめっちゃ使う」、とかであればMacBook Air/Proも対象になってくるかと。

【まとめ】Macのように使えるのは、あくまで「おまけ」

「iPadをMacのように使える」という文句が、「iPadとMac、どっちにしようかな」と迷いやすくしている元凶です。

iPadで「物理キーボードが使えます」「マウスが使えます」というのは、おまけと考えたほうが良いです。

既にiPadを持っていて、「たまにPCのような使い方できるようにしたい」ならアリですが、iPadを新規で買ってMacと全く同じことを求めると後悔すると思います

MacBook AirかiPadで迷っていて「絶対にiPadじゃなきゃいけない理由が無い」のであればMacBook Airにするのが確実。

iPadが石版と化さないよう、十分ご検討くださいまし。

タイトルとURLをコピーしました