【レビュー】iPad Air 4用のtomtocスリーブケースで感じた4つの効果

iPad

2021年2月に第4世代のiPad Airを購入しました。自宅だけではなく、外にも持ち出しています。

で、そうなるとどこかにぶつけて液晶が割れたり、フレームにキズが付いたりする可能性が高くなります。

iPad AirにはESRのケースをつけて使っていますが、それだけでは不安だったので、スリーブケースを買いました。これがなかなか良くできています。インナーバッグにもなりますし、iPad Proでも使えます。

開封

ファスナーの付いた透明の袋に入っていました。

中身はスリーブケースのみ。

ファスナーはYKK。

色はブラックを買いました。真っ黒ではなくちょっとグレーです。撥水加工されています。

裏側もグレー。

iPadの入れる時はファスナーを開けます。

中は青い生地。

ふかふかでとても肌触りが良いです。なんか高級感ある。

つい触りたくなる肌触り。

2つのポケット

表面には、2つのポケットがあります。1つは向かって左側にある小さめのポケット。

見た目にはわかりませんが、生地の中にマグネットが入っていて、くっついて閉まります。

手のひらが半分くらい入る程度の大きさ。iPhone SE(第1世代)は入りましたが、マグネットが閉まりませんでした。そこまで大きくないです。充電ケーブルを入れるのに良さげです。

もう1つのポケットもケース前面についていて、ファスナーで開閉できます。

中の生地はナイロンのような生地。もふもふではないです。

iPad Airを入れてみた

僕はiPad AirにApple Pencilをくっつけた状態で、ESRのケースを付けています。

ケースとピッタリそうな大きさ。

入れます。

ピッタリ入りました。

厚さもちょうど良いです。

Apple Pencilの分のスペースを入れても余裕を持って収納できています。

サイドポケットにモバイルバッテリーを入れてみた

iPad Airを入れた状態で、試しに大きめのモバイルバッテリーをサイドポケットに入れてみました。モバイルバッテリーの大きさは11.6cm × 7.3cm × 2.2cm。

余裕で入りそうです。

入りました。形が浮き出ていますが、パンパンにはなっていません。

第1世代のApple Pencilを使っている人は、ここに収納できそうですね。

効果

  • iPad Airの側面を守れる
  • インナーバッグとしてカバンに入れても、iPadを取り出しやすい
  • カバンの中の他のモノも守れる
  • 安心感が増えた

iPad Airの側面を守れる

iPad AirにつけているESRのケースは、上下の側面をカバーできませんでした。

ただこのESRのケースはとても使い勝手が良いので、この状態で収納できるスリーブケースを探していました。

今回買ったtomtocのスリーブケースは、この期待に見事に応えてくれました。これで安心して持ち歩けます。

インナーバッグとしてカバンに入れても、iPadを取り出しやすい

インナーバッグとしても使いやすいです。

スリーブケースをカバンに入れた状態

カバンに入れた状態からでも、iPad Airを取り出しやすいんです。上部のファスナーを開けて、スリーブケースをカバンから取り出すことなく、iPad Airを取り出せます。

ちなみに口を折りたたむタイプのスリーブケースも検討したんですが、カバンに入れた時の取り出し安さが微妙だったので却下しました。

カバンの中の他のモノも守れる

カバンにはiPhoneも入れたりするのでiPad Airがスリーブケースに入ってると安心です。ぶつかって傷つけ合う心配が減ります。

iPad Airだけでなく、MacBook Airも一緒に持ち出したりすることもあるので助かります。

安心感が増えた

ESRのケースを付けてはいますが、その状態でカバンに入れて持ち歩くのはちょっと抵抗がありました。

このtomtocのスリーブケースは表面は撥水加工されており、中はもふもふの生地。ESRのケースだけの時と比べて安心感が違います。

【まとめ】約2,000円で安心を買えます

YKKのファスナーといい生地といい、思った以上にしっかりしたスリーブケースでした。

iPad Airはもちろん11インチiPad Proにも使えます。また12.9インチiPad Pro向けのサイズも販売されています。

iPadはiPhoneと同じく液晶が割れるとなかなかの修理費用が発生します。約2,000円のスリーブケースでその確率を下げられるのなら、お安い投資だと思います。充電ケーブルも収納できて便利だし。

タイトルとURLをコピーしました