Anker Nano II 65Wレビュー:持ち歩ける小ささ。MacBookも充電できるUSB-C充電器

充電器

先日、USB-C充電器が欲しくてAnker PowerPort III 65W Podを買いました。

これがとても良くて「外出用にもう1つ欲しいな」と思っていたら、同じ65Wの出力でサイズの小さいNano II 65Wが発売されました。もちろん買いました。

M2 MacBook Air付属の30W充電器の、倍の出力で充電できます。

開封

Ankerお馴染みの爽やかなパッケージ。

開くと、説明文と本体があります。

Nano IIと65Wの文字が見えます。

UCB-Cポートが1つ。

プラグは収納できます。

パッケージに記載されていたスペックは以下の通り。

入力100-240V ~ 2.1A 50-60Hz
出力5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=3.0A / 20.0V=3.25A(最大65W)
サイズ約36 × 43 × 44mm
重さ約112g

指先で持つとこんな感じ。これで65Wとは。小さい。

同じく65W出力のAnker PowerPort III 65W Podと比較すると、その小ささがわかります。

重さを測ると119g。記載重量より7g重かったです。

充電してみた

M2 MacBook Airを充電してみた

出力は約60W。MacBook Airに付属している充電アダプタは30Wなので、倍の出力で充電できます。

ちなみに使ったケーブルは、100Wまで対応しているAnker PowerLine III Flow USB-C & USB-Cです。

iPad Air (第4世代)を充電してみた

バッテリーを空っぽにしたiPad Air (第4世代)も充電してみました。

ちなみに、iPad Air (第4世代)に付属している充電アダプタの出力は20W。

出力は25~26W

出力はだいたい25〜26W。

iPad Air (第4世代)は最大30Wまでの充電に対応しているようなので、最大限に近い出力で充電できました。

充電中に触ってみたところ、ほんのり温かくなってました。

フルパワーで充電するとどうなるのかは気になります。

ちなみに、同じく65WのAnker PowerPort III 65W PodでiPad Air (第4世代)を充電した時は、28〜29Wでした。まぁ誤差かな。

Anker PowerPort III 65W Podで充電した時

充電時間

約40分でバッテリーを50%、約1時間20分で80%まで充電できました。速い。

Anker Nano II 65Wの価値

充電時間を短くできる

充電する機器が高速充電に対応していれば、バッテリーをかなり速く充電できます。

待ち時間も短くなります。

持ち歩きしやすい

いつもAnker PowerPort III 65W Podを使っていましたが、ちょっと大きいんですよね。

乃木介
乃木介

いや、65Wに対応しているアダプタとしては、十分小さいんですけども(笑

Nano II 65Wは、iPhoneに付属している充電アダプタより、ちょっと大きいくらいのサイズ。

いつも使っているガジェットポーチにスポっと入りました。

【まとめ】持ち歩き用か、自宅用か

Nano II 65WもPowerPort III 65W Podも、どちらも出力65W。

それなら「小さいNano II 65Wがいいじゃん」というわけでもなく、PowerPort II 65W Podのほうが安いです。(2022年5月4日現在)

Source: Anker Japan

なので、持ち歩き用であればサイズの小さいNano II 65W、自宅用であればPowerPort III 65W Podがそれぞれ良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました