Anker Soundcore 3レビュー:音質UP。風呂でもアウトドアでも安定のワイヤレススピーカー

スピーカー

YouTube Musicで音楽を聴いている乃木介です。

AnkerのSoundcore 2の後継機種、Soundcore 3を買ってみました。

公式が「音質強化」と言っている通り、明らかに音が良くなっていました。

  • 16W出力
  • 最大24時間の連続再生
  • IPX7防水対応
  • マイク内蔵でハンズフリー通話
  • USB-C充電

本記事では、Anker Soundcore 3の使用感を書いています。

外観

薄いブルーのパッケージ。

片手で持てる大きさ。

本体上部に各種ボタン。

側面には充電用のUSB-C端子と、

ストラップを通せるホール。

裏面にはSoundcoreのロゴ。

本体以外には、充電用のUSBケーブルとストラップ。

充電器は別途必要です。

Soundcore 2との主な違い

個人的に、大きな違いは以下4つ。

音質

音は明らかにSoundcore 3が良かったです。高音、低音に広がりが出てます。

Soundcore 2と聴き比べると、Soundcore 2が少しこもった音に聞こえます。

Soundcore 2もあの大きさなら十分な音質なんですが、長時間聞き続ける用途ならSoundcore 3を選ぶかな。

充電ポートがUSB-C

Soundcore 3の充電ポートはUSB-C。MacBook AirやiPadと同じなので、ケーブルを共有できるのが便利。

ちなみに前モデルのSoundcore 2の充電ポートはMicro USBでした。

サイズ

どちらも片手で持てる大きさですが、若干サイズが違います。

全体的にSoundcore 3が大きいです。個人的には大した差ではないです。

Soundcore 3Soundcore 2
5.7cm5.6cm
17.4cm16.8cm
奥行き6cm4.7cm
重さ500g414g

他にも、縦は0.1cm長く、86g重いです。

前モデルのSoundcore 2は2台つなげてステレオにできる

2台のSoundcore 2同士をつなげることでステレオ再生できます。

Soundcore 3でも複数台(最大100台)をつなげることはできますが、ステレオにはなりません。すべてのSoundcore 3から同じ音が出ます。

【まとめ】1台で使うならSoundcore 3

Soundcore 2より明らかに音が良くなっています。

またSoundcore 2のように2台つないでステレオ利用できませんが、それを補って余りある音質。

個人的には、ステレオ出力にならなくても良いのでSoundcore 3を2台買うなぁ。そもそもの音が良いほうが聴いてて疲れにくいですから。

タイトルとURLをコピーしました