Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)レビュー:薄さ1.6cm。10000mAhの大容量モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーが常にカバンに入っている乃木介です。

Ankerから薄型のモバイルバッテリーが出たので、買ってみました。

1.6cmの薄型で10000mAhの大容量

USB-CとUSB-Aの2ポート搭載で、iPhone 13に急速充電も可能。なかなか頼りになります。

本記事では、Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)について書いています。

開封

Ankerおなじみの白いパッケージです。

大きさはタテが約7.2cm、ヨコが約15.3cm。

iPhone 12 miniより少し大きいサイズ。

厚さは約1.6cm。かなり薄いです。バッグの内ポケットにスルッと入る感じ。

表面の左にAnkerのロゴ。

その反対側に、ボタンとバッテリー残量を表す4つのライト。

ボタンを押すと、残量が青いライトで表示されます。4つのライトのうち、例えば2つが光れば残り約50%。

側面に、USB-AポートとUSB-Cポートが1つずつ。

Anker 523 Power Bank本体への充電は、USB-Cポートからできます。

ケーブルは2本付属します。USB-C & USB-Cケーブルと、USB-A & USB-Cケーブル。

トラベルポーチも入っています。

細かなスペックは以下の通り。

Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)
大きさ約15.3cm × 約7.2cm × 約1.6cm
重さ約250g
出力ポートUSB-C:5V = 3A / 9V = 2.22A
USB-A:5V = 4.5A / 4.5V = 5A
入力ポートUSB-C:5V=3A / 9V=2A
バッテリー容量10000mAh
合計最大出力・22.5W (USB-Aポート単体での充電時)
・20W (USB-Cポート単体での充電時)
・18W (2ポート同時での充電時)

使ってみた

USB-Cポートで充電

USB-CポートでiPhone 12 miniを充電してみたら、約50分で80%充電できました。

出力は、だいたい16Wから17W。

iPhone 12 miniに80%充電後、4つの残量ランプのうち3つが点灯していました。さすが大容量。

USB-Aポートで充電

USB-Cと同じくUSB-Aポートでも充電できます。

充電するガジェットが対応していれば、最大22.5W出力の恩恵が受けられます。

iPad Air (第4世代)を充電してみたら、出力は約5W。あれ、そうなの?もっと出ると思ってた。

両ポートでの同時充電

USB-CポートとUSB-Aポートを、同時に使うこともできます。

iPhone 12 miniとiPad Air (第4世代)を同時に充電

この場合は、最大出力が18Wになります。

低電流モード

ワイヤレスイヤホンなどは、充電時の出力を抑える必要があります。

こういったデバイスにも、ちゃんと対応しています。

ワイヤレスイヤホンに繋いだだけで、2W以下で充電されます。

ちなみに低電流モードは、手動で設定することもできます。

やり方はボタンを2回押すだけ。ライトの1つが緑になります。

本体の充電

Anker 523 Power Bankへの充電は、USB-Cポートから行います。

充電したところ、約15Wの出力。100%充電まで3.5時間くらいでした。

ちなみに充電に利用したのは、Anker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブルAnker PowerPort III 65W Podです。

【まとめ】心強い薄型モバイルバッテリー

Anker 523 Power Bank (PowerCore 10000)の魅力は、大容量で薄いこと。

iPhone 13やiPad mini 5も1回以上充電できます。

カバン内のポケットなどに収納しやすい大容量モバイルバッテリーを探しているなら、いい製品です。

タイトルとURLをコピーしました