Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wレビュー:片手で持てて急速充電できる10000mAhの大容量モバイルバッテリー

ガジェット

小さな力持ち。

最近、仕事柄カバンが重たくなってきて「ちょっとでも軽くしたい」と思ってるところにAnker PowerCore 10000 PD Redux 25Wが発売されてました。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25Wは小さなサイズにも関わらず10000mAhの大容量が特長のモバイルバッテリー。

しかもPPSという急速充電の規格にも対応しており、充電先がPPS対応していればPD以上の速さで充電できます。

開封

いつもの爽やかなAnkerのパッケージ。

本体、専用袋、充電ケーブル、ストラップ、ペーパー類が入っていました。

大きさは約107mm × 約52mm × 約27mm。重さは約197g。

縦横の面積で見るとiPhone SE (第1世代)より小さいです。

片手で掴める大きさ。

上面にはバッテリー残量を示すLEDとボタン。

LEDライトの点灯数でバッテリー残量が分かります。

LED1個点灯0~25%
LED2個点灯25~50%
LED3個点灯50~75%
LED4個点灯75~100%

ストラップ用の穴もあります。

ここに付属のストラップを付けられます。

ポートはUSB-CとUSB-Aの2つ。

USB-CはPPSに対応しており最大で25W出力。充電先がPPS非対応でも最大20Wで充電できます。2つのポート両方を同時に使うと各ポートは最大15Wになります。

本体を充電する時はUSB-Cポートから行います。

ケーブルは両端がUSB-C。

そして片方にはUSB-Aに変換できるアダプタが付いています。

特徴

  • 10000mAhの大容量
  • 急速充電できる
    • iPad Air (第4世代)を充電してみた
    • iPhone SE (第2世代)を充電してみた
  • 低電流モードがある
  • 本体は約3時間でフル充電

10000mAhの大容量

AnkerによるとiPhone 12なら2.3回、Galaxy S21なら1.7回、iPad mini 5なら1.3回充電できるそうです。

Source: Anker Japan

後述してますが、iPad Air (第4世代)だと94%まで充電できました。それからiPhone SE (第2世代)だと3回は余裕で充電できそうです。力持ち。

急速充電できる

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25WはPPSという急速充電の規格に対応しています。充電先がPPS対応していれPD以上の速さで充電できます。

Source: Anker Japan

iPad Air (第4世代)を充電してみた

バッテリーが空っぽのiPad Air (第4世代)をPowerCore 10000 PD Redux 25Wで充電してみました。使ったのはUSB-Cポート。

使ったケーブルはAnker PowerLine III Flow USB-C & USB-C ケーブル。100Wまで対応しています。

約50分で約50%充電。

約1時間半で80%充電できました。

PowerCore 10000 PD Redux 25Wのバッテリー全てを使うとiPad Air (第4世代)を94%まで充電できました。

測ってみると23.07W。最大25Wは伊達じゃないです。(後で測ったら19.14W。なんでこの時は23Wも出たんだろう)

ちなみにUSB-Aポートで充電すると13.13Wでした。

iPhone SE (第2世代)を充電してみた

同じ用にバッテリーが空っぽのiPhone SE (第2世代)をPowerCore 10000 PD Redux 25Wで充電してみました。

使ったケーブルはAnker PowerLine III Flow USB-C & ライトニングケーブル。20Wまで対応しています。

約30分で約50%充電。

約50分で80%充電できました。

100%まで充電してみると残量を示す4つのLEDライトのうち3つが点灯していました。あと2回は余裕で充電できそうです。

出力を測ってみると10.26Wでした。

低電流モードがある

ボタンを2回押すとLEDライトの1つが緑に光って低電流モードになります。

これでワイヤレスイヤホンのような低電流で充電するガジェットも問題ないです。

ちなみに低電流モードに切り替えずに接続しても勝手に低電流になってました。かしこい。

本体は約3時間でフル充電

便利なのがUSB-Cポートが出力にも入力にも対応していること。Ankerによると約3時間でフル充電できるそうです。

本体充電時の出力を測ってみると15.85Wでした。

【まとめ】大きめのスマホでも安心

iPhone 12なら2回フル充電できる大容量。なのに片手で持てるくらいの小ささ。

そろそろiPhone SE (第1世代)を買い換えようと思っていたので、奇しくもその下準備になりました。急速充電もできるので外出先でバッテリーが切れても安心です。いい買い物。

ちなみに薄いモバイルバッテリーのほうが良ければ、同じ大容量でAnker PowerCore Slim 10000 PD 20Wもあります。

タイトルとURLをコピーしました