【レポ】ハッピーアワーが嬉しい浜松駅前のホテル 北の庭 THE KURETAKESO

静岡

うなぎ大好きの乃木介です。

天下人の徳川家康が17年間過ごし、浜松城の歴代城主にも出世した人が多いことから、出世の街とも呼ばれる静岡県の浜松。

その御利益にあやかりたい、そして「うなぎ食いてえ」ということで行ってきました。

宿泊したのは浜松駅近くのホテル。

一見普通のホテルなんですけど、駅から徒歩圏内で、飲み物が無料のハッピーアワーがある珍しいホテル。

そして大浴場もあります。

本記事では、ホテル 北の庭 THE KURETAKESOの宿泊記(レポート)を書いています。

本記事の内容は、2022年3月時点のものです。

北の庭 THE KURETAKESOの場所

浜松駅の北にあります。

入口は鍛冶町通り沿い。浜松駅から北に歩けば着きます。

北の庭 THE KURETAKESO

〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町7-1

  • JR浜松駅北口から徒歩3分

このホテルは、うなぎ八百徳 本店や浜松市楽器博物館の徒歩圏内です。

うなぎ八百徳 本店は徒歩3分。

もちろん、行って、うなぎを食べました。

浜松市楽器博物館は徒歩5分。

楽しかった。2時間くらいいました。

浜松城は、バスで10分くらいで行けます。

写真で見る北の庭 THE KURETAKESO

フロント

フロントは2階。チェックインは15時、チェックアウトは10時です。

アメニティバーがあります。

部屋(スタンダードツイン)

部屋は、よくあるタイプ。

テレビではコインランドリーや大浴場、朝食会場の混み具合を確認できます。

ベッド側に小さなテーブルとイス。

デスクあり。

デスクの壁にはLANポート。残念ながら、速度はホテルのWi-Fiより遅かったです。

ちなみにホテルのWi-Fiは、夕方時点で10Mbpsくらい。

デスク横にクローゼットとお茶セット、冷蔵庫。

枕元にコンセント。USBポートはなしです。

使い捨てのスリッパ。

バスルーム。一般的な一体型。

歯ブラシ、ボディスポンジ、コットンセットなどなど。

ハッピーアワー

これは嬉しいサービスでした。

2階にある朝食会場のアジアンダイニングでは、17:00〜20:00にハッピアワーというのがあります。

アルコールかソフトドリンクを1杯飲めます。

友人と談笑したり、PCで仕事をしている人もいました。

ちなみにエグゼクティブフロアの宿泊者は、何杯でもOK。

色んな種類の酒やコーヒー、紅茶がありました。

僕はビールサーバーでビールをいただきました。

つまみもあります。

浜松駅を眺めながら、グビグビいただきました。

朝食

朝食はビュッフェスタイル(和食と洋食)とどんぶり。

「鰻丼」「鯛茶漬け」「ローストビーフ丼」の3つがありました。

やっぱり、朝食に特徴のあるホテルは魅力的です。

↓は鯛丼。

乃木介
乃木介

ちなみにホテルの方によると、2022年8月現在、丼系は1種類に絞って注力し、今後はシーズンに合わせた内容で提供されるとのことです。

良かったこと

駅から近い

浜松駅から徒歩3分。知らない土地で、これはありがたいです。

ハッピーアワーが嬉しい

ソフトドリンクとアルコールが1杯飲めるのもありがたいし、レストランでのんびりできるのが嬉しいです。

1杯飲むともう1杯飲みたくなるので、エグゼクティブフロアに宿泊すればよかったと思ったくらい。

大浴場がある

そこまで大きな大浴場ではないですが、駅前のホテルでこれは十分すぎます。

やっぱり旅行先で大きなお風呂に入れるのは、ありがたいです。

【まとめ】浜松駅周辺で宿泊するなら、ちょうどいいホテル

駅前で平均的な宿泊料。

そして、軽く飲めて、大浴場に入れるちょうどいいホテルです。

浜松駅を中心に観光をするなら、ここにしておけば、間違いないです。

タイトルとURLをコピーしました