【実際に使用】オススメのコンセント付きモバイルバッテリー4選

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーが、常にカバンに入っている乃木介です。

本記事では、実際に僕が使って良かったコンセント付きモバイルバッテリーを紹介しています。

モバイルバッテリーで『スマホやタブレットを充電したい』のか『ノートPCも充電したい』なのか、目的別に2つずつ合計4製品を紹介しています。

スマホやタブレットを充電したい

Anker 511 Power Bank (PowerCore Fusion 5000)

スティック型のモバイルバッテリーで容量は5000mAh。急速充電に対応しています。

USB-Cポートが1つ。

約2.5時間でフル充電。

出力は最大20W。

iPhone 12 miniを充電すると、約18Wの出力でした。

スティック型のAnker 511 Power Bankはカバンの中で場所をとらないので、「省スペースなモバイルバッテリーが欲しい」「充電ポートは1つで十分」という方にオススメです。

Anker PowerCore Fusion 5000

もはやコンセント一体型モバイルバッテリーの元祖と言っていいでしょう。Ankerのロングセラーモデル。

容量は5000mAh。出力用のUSB-Aポートが2つ。

USB-Aポートの下にあるマイクロUSBポートは入力用で、Anker PowerCore Fusion 5000を充電する時に使えます。

先述のAnker 511 Power Bankより1,000円ほど安い(2022年9月現在)ので、「安く抑えたい」という方にオススメです。

ちなみにUSB-Cポートのあるモデルもあります。

ノートPCも充電したい

CIO SMARTCOBY Pro PLUG

CIO SMARTCOBY Pro PLUGは、容量10000mAh。片手で持てるサイズで急速充電に対応しています。

ポートはUSB-CとUSB-Aの2つ。

2ポート同時利用で充電した場合、USB-Cは最大30W、USB-Aは最大12Wの出力です。

満充電まで約2.5時間。またパススルー対応でUSB充電器としても使えます。

表面は荒いシボ加工で、傷がつきにくいです。

MacBook AirとiPhone 12 miniを同時充電してみると、出力はMacBook Airが約28W、iPhone 12 miniは約11W。ちゃんとスペック通りの出力で充電できました。

「スマホ、タブレット、ノートPCを充電できるモバイルバッテリーが欲しい」という方にオススメです、

Anker 733 Power Bank

Anker 733 Power Bankは容量10000mAhで、充電器として利用すると最大65Wの出力。かなりパワフルな製品ですけど、これも片手で持てるサイズです。

USB-Cポートが2つ、USB-Aポートが1つ。急速充電に対応しています。

USB-Cポート単独で使用すると、最大65Wの出力。

ポートモバイルバッテリーとして使用時の
最大出力
充電器として使用時の
最大出力
USB-C130W65W
USB-C230W65W
USB-A22.5W22.5W
各ポートを単独利用した場合

コンセントに挿した状態でMacBook Airを充電してみたら、約61W。

モバイルバッテリーとして使うと約28W。パワフルです。

Anker 733 Power Bankは、「ノートPCを60Wの高出力で充電したい」という方にオススメです。

【まとめ】充電したいガジェットで選ぶべし

モバイルバッテリーは、製品によって出力が違います。

出力が高くても、充電するガジェットが対応していなければ意味がありません。

普通のスマホなら60Wで充電できないですから、勿体ない買い物になってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました