【格安スマホユーザ】iPad miniとの2台持ちで、iOSも使っちゃう

ガジェット

「通話さえできればいい」という理由で、格安スマホを使っている人は多いと思います。ゲームや動画視聴など高スペックが求められるアプリを使わなければ、数万円もするスマホを買う必要はないですよね。

が、格安スマホは総じてAndroid。

iOSを使いたいなら型の古いiPhoneを買う手もありますが、中古でもそれなりに高いです。安すぎる中古品だとOSサポートが終わっていたりしますし。

そんな「iOSが使いたいんだ」という人には、個人的には格安スマホとiPad mini セルラーモデルの2台持ちがおススメです。実際、僕もそうしていました。

2台持ちしていた理由

理由は2つ。

  • iOS(現iPadOS)を使いたかった
  • 他のアプリも快適に使いたかった

これらの理由で格安スマホとiPad mini セルラーモデルの2台持ちをしていました。iPad mini セルラーモデルにはIIJmioのSIMカードを挿して使っていました。Wi-Fiの無い場所でもiPad miniを使えるようにするためです。

iOS(現iPadOS)を使いたかった

格安スマホはFREETELのPriori 3を使っていました。当時の購入価格は5,000円くらい。この安さに加え、iPhone 5くらいの小さなサイズで携帯性は抜群でした。

Priori 3は低スペックとはいえ、通話やLINEなどのチャットアプリを使う分には問題なかったのですが、いかんせんAndroidが肌に合わない。良い悪いではなく。

うまく説明できませんが、それまでiPod Touchを中心に使っていたので操作性やスワイプした時の感覚などがどうしてもなじめませんでした。

そんなわけで、Priori 3を使い始めてすぐに「あーiOS使いてぇ」となってしまったわけです。

他のアプリも快適に使いたかった

Priori 3は通話やLINEは問題ないのですが、SmartNewsのようなニュースアプリや、Twitterなどを快適に使うにはちとしんどかったです。

いや、普通に見れるんですけど、iPod Touchの画面遷移ってすごい快適だったんだなぁと感じるようになったわけでして。

あとニュースやSNSで動画コンテンツが埋め込まれていると、再生がカクついたり。軽いコンテンツだけを読もうとすることに神経を使っていました。

日常のメイン利用はiPad mini

格安スマホは通話専用にしていました。電話が鳴るかこちらから発信する時しか使わないので、日常ではiPad miniばかり使っていました。

格安スマホでしてたこと

  • 電話通話
  • LINE通話

iPad miniでしてたこと

  • LINEなどのチャットアプリ
  • ニュース
  • SNS
  • メール
  • Amazon
  • Kindle
  • Web会議
  • などなど

格安スマホでは通話以外のアプリは、使っていなかったのですがインストールはしていました。

これはバイブレーションがないiPad miniを補完するためで、通知があったら「格安スマホを震わせてiPad miniで見る」という使い方をしていました。

同じアプリをインストールしておけば、iPad miniを忘れた際にも格安スマホで代わりが効くようにもなりますし。

iPad miniの良さ

実際に使ってみて、4つの良さを感じています。

  • バッテリーがめちゃ持つ
  • ディスプレイが程よく大きい
  • 持ち運べる、程よいサイズ
  • 電子書籍端末にもなる

バッテリーがめちゃ持つ

仕事の合間に使う程度であれば2日は持ちます。

またiPad miniを使う頻度が高くなるということは、格安スマホを使う頻度が減ります。なので格安スマホのバッテリーも持つようになります。

ディスプレイが程よく大きい

iPadほど大きくなく、iPhoneよりも大きいディスプレイ。特にニュースアプリを使う時はとても見やすいです。

昔、スマホの小さな画面に慣れている状態でiPad miniを使って、そのディスプレイの大きさにちょっとニヤついたのを覚えています。

持ち運べる、程よいサイズ

iPad miniは女性でも片手で持てるくらいのサイズです。カバンの中で場所もそれほど取りません。

僕はカフェでよく時間を潰すので、iPad miniはちょうどよいガジェットでした。iPad miniでニュース読んだり、本を読んだり。いつもカバンに入っているので、いつでも時間つぶしができました。

電車の中で、カバンから取り出して使うことも違和感なくできていました。これがiPadだとちょっと大きいんですよね。室内だけで使うならiPadがいいんですけど。

電子書籍端末にもなる

Kindleや自炊したPDFを読むのにちょうどよい端末です。モノクロとカラーのどちらでも読めますし。

外出先での時間つぶしが捗ります。

iPad miniでできないこと

3つ挙げました。すべて格安スマホが担う役割です。

  • 耳にあてて通話はできない
  • 電話番号を使った通話はできない
  • バイブレーションがない

耳にあてて通話はできない

iPad miniは、イヤホンマイクを使ったりスピーカフォンで通話できます。なのでWeb会議にはとても良いです。が、スマホのように、iPad miniを耳にあてて通話はできません。

なので、歩いている時にLINEやSlack上で鳴った通話に出ることはやりにくいです。先述の通り、鳴った通話に出る役割は格安スマホが担うわけです。

まぁAirPodsを常時使っている人だとあまり関係ないかも。

電話番号を使った通話はできない

iPad miniは電話ではないので、電話番号を使った通話はできません。

これも格安スマホが担う役割です。

LINEやZOOMなど、電話番号発信ではない通話はできます。

バイブレーションがない

iPad miniにインストールしたアプリに通知があった場合、音は鳴りますがスマホのように本体が震えて通知することはできません。

なので、先述の通り格安スマホにもiPad miniと同じアプリをインストールして、通知時には格安スマホを震わして使っていました。

どんなiPad miniを買えばいい?

最新のiPad miniを買う必要はない

「ゲームもしたい!」「動画編集もする!」などでなければ、最新のiPad miniは必要ないと思います。

2世代前の中古で十分。3万円くらいから買えます。

セルラーモデルを買うべし

iPad miniにはWi-Fiモデルとセルラーモデルがあります。

個人的にはSIMカードを挿せるセルラーモデルがオススメ。スマホと同じ様に、いつでもどこでも通信ができるようにしないと利便性が著しく下がるからです。

Wi-Fiモデルだと、つどWi-Fiスポットを探したり、格安スマホのテザリングに接続する手間が発生するので現実的ではないです。

セルラーモデルに格安SIMを挿して使う方法が、利便性が高いのでオススメです。

SIMロックフリーでなくてもOK

SIMロックフリーのiPad miniじゃなくてもOKです。

例えば僕が使っていたIIJmioだと、SIMカード契約時にdocomoかauかどちらの電波のプランにするか選択できます。なので、『SIMロックフリー』以外にも『docomo』か『au』のロックがかかったiPad miniでもOKです。

iPad miniでSIMカードを使えるようにする具体的な手順(IIJmioを例として)

ざっくり3ステップです。カンタンですよ。

  1. iPad mini セルラーモデルを買う
  2. 格安SIMカードを契約する
  3. 格安SIMカードをiPad miniに挿して、設定する

例として、IIJmioのSIMカードを使う場合を挙げます。3GBで月額900円。

1. iPad mini セルラーモデルを買う

先述のとおり、Wi-Fiモデルではなくセルラーモデルを買います。Wi-FiモデルだとSIMカードを挿せないので。

新品、中古のどちらでもOKです。やりたいことに合わせたスペックのiPad miniを選びます。ニュースアプリやネットをするくらいなら、2世代くらい前のiPad miniでも十分かと。

SIMロックフリー版かdocomo版のiPad miniを買って、タイプDを使うのが確実です

なお、日本で販売されているiPad mini セルラーモデルやiPhoneには『SIMロックフリー版』『docomo版』『ソフトバンク版』『au版』があります。どれを選ぶかは契約するSIMカードが使えるかどうかが基準になります。

今回例として挙げるIIJmioのSIMカードが使えるのは、『SIMロックフリー版』『docomo版』『au版』のいずれかのiPad mini セルラーモデルです。つまり『ソフトバンク版』以外のiPad mini セルラーモデルを買えばOKです。

と、書きましたが、IIJmioの動作確認ページを見ると、au回線であるタイプAの動作確認がとれているau版のiPad miniが見当たりません。

ネット検索するとau版のiPad miniでも問題なく使えてる人がいますが、IIJmioのSIMカードを使う場合、『SIMロックフリー版』か『docomo版』のiPad mini セルラーモデルを買って、docomo回線のタイプDを契約するのが確実かと思います

IIJmioのSIMカードには、docomo回線のタイプDと、au回線のタイプAがあります。

ちなみにApple Storeで販売しているiPad miniセルラーモデルは、SIMロックフリー版です。

2. データSIMカードを契約する

IIJmioのSIMカードはWebサイトから契約申し込みができます。

IIJmio公式Webサイトの申込ページに行く

IIJmio公式Webサイトのページ右上にある申込みボタンから、申込みページを開きます。

準備物を確認する

契約に必要なものが表示されます。今回はMNP予約番号は必要ありません。携帯電話の乗り換えではないので。

画面下の選択肢は、「事前支払いしたものはない(通常)」を選択して次へ進みます。

もしSIMカードだけを先にビックカメラなどで購入していたら、右を選択します。

プラン、カード枚数を選択する

プランをお選びください

プランで表示されているデータ容量は、月間のデータ容量です。契約後でも変更できるので、試しで少ない容量でいいと思います。

『電話のみ0ギガ』は携帯電話用のプランなので選ばないようにします。このSIMカードをiPad miniに挿してもデータ通信できません。『0ギガ eSIM』も選ばないように。

カフェやレストランで使える街中公衆Wifiは必要ですか?

『街中公衆wifi(IIJmio WiFi by エコネクト)』は、、、いらないです。いい評判聞かないので。

SIMは何枚必要ですか

1枚を選択します。使いたい端末が2台あれば2枚を。

SIMカードの利用者、端末、回線を選択する

端末も一緒にお求めですか?

端末は必要ないので、「SIMだけを購入する」を選択します。

docomo、auどちらの回線を使いますか?

購入したiPad miniによって変わります。先述の通り、『docomo版』か『SIMロックフリー版』のiPad miniセルラーモデルの購入が確実と思うのでdocomo回線のタイプDを選択しています。

SIMカードの種類をお選びください

『データ通信のみ』を選択します。

『音声通話 + SMS + データ通信』や『SMS + データ通信』を選択しても、iPad miniではデータ通信しかできないので無意味です。

ここの『音声通話』とは、「電話番号を使った通話」のことです。

選択したプランなどを確認する

内容を確認して、次へ進みます。

オプションを選択する

オプションサービスも多数ご用意しております!

オプションサービスは不要です。理由は2つ。

  • あってもなくてもどちらでもいいオプション
  • 高すぎる

契約者情報を入力する

契約者情報などを入力して、申込み終了です。早くて3、4日で郵送されます。

3. 格安SIMカードをiPad miniに挿し、設定する

SIMカードが届いたら、台紙からSIMカードを取り外してiPad miniに挿します。

IIJmioのSIMカードはマルチSIMカード。台紙から好きなサイズに合わせて取り外せます。iPad miniのSIMカードのサイズは一番小さいnano。

一般的に、SIMカードには3つのサイズがあります。大きい方から『標準』『micro』『nano』。

iPad miniの側面にある穴にリリースピンを差し込んで押すと、トレイが出てきます。このトレイにSIMカードを載せてiPad miniに挿します。

下の画像はiPhoneですが、iPad miniセルラーモデルもこんな感じです。

もし、SIMカードにリリースピンが同封されていなければ、安全ピンでも対応できます。

なお、SIMカードを挿すだけではSIMカードを使った通信はできません。通信できるようにするには、APN設定ということをします。

詳しい方法はIIJmioが初期設定(APN設定)というWebページの『iOS(iPhone等)での設定方法』で説明しています。

APN設定が終われば、iPad miniでSIMカードを使ったデータ通信ができるようになります。

【まとめ】大きい画面のiOSは超快適

僕は家で電子書籍を読むことが多くなったので、iPad miniからiPadに乗り換えましたが、持ち歩きをメインとするならiPad miniはとても良いタブレットだと思います。

在宅ワークが進んでいる昨今であれば、Web会議用のガジェットとしても利用シーンが多くなると思います。

それなりの価格で売りやすいので、新しいiPad miniへの買い替えにも対応しやすいはず。ファンが多いのもうなずけます。

タイトルとURLをコピーしました