iPhone SE (第1世代)からiPhone 13 miniに買い換えるかも、な9つのポイント

iPhone

毎年秋は新しいiPhoneが発表される季節。iPhone 13 miniの足音が聞こえてきました。

2017年10月30日からiPhone SE (第1世代)を使っています。大きさとデザインが好き。そしてバッテリー交換してバッテリーの持ちも新品同様。使い勝手に不満はありません。

バッテリー交換する前は「2021年9月あたりに発表されるiPhone 13 miniまで持てばいい」と思っていたのに、予想以上に問題なく使えてるので「2022年のiPhone 14まで普通にいけるな」とまで思い始めたくらい。

が、色々思うことがあってiPhone 13 miniに買い替えようかなと考え始めました。

iPhone SE (第1世代)の不満

以下にiPhone SE (第1世代)の不満を挙げましたが「強いて言えば」です。iPhone SE (第1世代)は名機。うん。

  • 使いたいクレジットカードをWalletに登録できない
  • カバンの中で充電する時にケーブルが邪魔
  • モバイルバッテリーで充電する時の一連の動作が手間

使いたいクレジットカードをWalletに登録できない

これ、最近気付きました。

WalletにはAmazon Mastercardを登録して使っています。で、最近エポスカードに支払いをまとめてまして、iPhone SE (第1世代)にエポスカードをWalletに追加しようとしたらエラーが出てできないんです。

エラーは「このカードはiPhoneの新機種でのみお使いいただけます。」というもの。別のクレジットカードでも同じエラーが出たりします。

できるだけキャッシュレスにしたいし、決済を1枚のクレジットカードにまとめられないので個人的にちょっと問題。

カバンの中で充電する時にケーブルが邪魔

移動中にiPhone SE (第1世代)をモバイルバッテリーで充電する時は、カバンの中に入れた状態でします。充電中にiPhoneは触りません。バッテリーへの負荷が大きくなるので。

これをするとカバンの中がケーブルでぐちゃぐちゃになります。「ケーブルを短くすればいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、背負うカバンの中で動くので短いと引っ張られてケーブル断線、とか気にしてます。あとデスク上でも使うので。

でもiPhone13 miniならワイヤレス充電できるはずなので、ワイヤレス充電対応のモバイルバッテリーでケーブルを不要にできます。

モバイルバッテリーで充電する時の一連の動作が手間

カバンの中で散らかるのも嫌なんですが、モバイルバッテリーとiPhoneを繋ぐのも手間なんですよね。

ケーブルを出して、モバイルバッテリーに繋いで、iPhoneに繋いで、モバイルバッテリーのスイッチを押して。

で片付ける時も同じ。

この問題もさっき書いたワイヤレス充電で解決するかと。ペタっと貼り付けるだけだし、使う時も外すだけ。

iPhone 13 mini以外が選択肢に入りにくい理由

  • 今のiPhoneはサイズが大きい
  • iPhone 12 miniはちょっと中途半端
  • たまには最新モデルを持ちたい

今のiPhoneはサイズが大きい

iPhone 6以降、でかくなりすぎ。

今使ってるiPhone SE (第1世代)よりも大きいサイズになると厳しいなと。ズボンのポケットに入れるので小さいのが正義。

なのでiPhone 13 mini以外なら唯一iPhone 12 miniもアリ、というのが僕のキモチ。

iPhone 12 miniはちょっと中途半端

Source: Apple

iPhone 12 miniはデザインと大きさが好きなんですが、

  • Touch IDがない
  • 5Gの『ミリ波』に対応していない

ということで対象から外れかけ。せっかく買うならここは押さえたい。

ただiPhone 13 miniがべらぼうに高かったり、iPhone 12 miniが安くなったら考えるかも。

たまには最新モデルを持ってみたい

欲求です、はい。

僕が初めて買ったiPhoneは今も使っているiPhone SE (第1世代)。買ったのは発売開始から1年半後の2017年11月。それまではiPad miniとAndroidスマホの2台持ちをしてました。

一度くらい、その時の最新モデルを持ってみたいなぁと。

iPhone 13 miniが「こうだったら買うかも」な点

Source: M-TECH PRO

いろいろ書きましたがiPhone 13 miniを買うかどうかは、実際のスペックや価格などを見てみるまで分かりません。

特に気にしているのが2点。

  • Touch ID搭載
  • 香港版が5Gのミリ波対応

Touch ID搭載

これが一番でかい要素。

マスクしててもロック解除しやすいようTouch IDが欲しいです。これがなければ個人的にはiPhone 12 miniと大差ないので、おそらく価格が下がるであろうiPhone 12 miniも検討対象に入ってきます。

いろんな噂を見てる限りiPhone 13にTouch IDが復活する可能性は高いように見えるんだけど、「Proモデルだけ復活」とか最悪「どのモデルでも復活しなかった」もありえるのが怖いところ。

まぁマスク状態でも、Apple WatchでiPhoneのロック解除できるのでそれでOKとするというのもアリか。

香港版が5Gのミリ波対応

Source: M-TECH PRO

5Gには大きく分けて『Sub6』と『ミリ波』の2つの周波数があります。

Sub64Gより高速。広いエリアをカバーすることに向いている。
ミリ波Sub6より高速。障害物に弱く、狭いエリアに向いている。

国内版のiPhone 12はこのSub6だけに対応しています。

次の国内版iPhone 13はミリ波にも対応するという噂がありますが、国内版iPhoneは買わないので個人的には意味無し。強制的に鳴るシャッター音が嫌いなので。あれほんと不快。

無音シャッターで写真を撮れるアプリというのもあるんですけど、僕はLightroomアプリ内のカメラをよく使うのでちょっと片手落ち。いや、ありっちゃありなんだけど。

僕が欲しいのは香港版のiPhone 13 mini。なので香港版がミリ波対応するかどうかが気になっています。香港版以外は日本だと入手価格が高くなるんす。

【まとめ】とはいえiPhone 13 miniを逃すとこのサイズはなくなるかも

iPhone 12シリーズの中でminiの売上が芳しくないそうで、iPhone 14以降はminiサイズが消える可能性が噂されています。

となるとiPhone 13 miniがラストチャンスの可能性。

iPhone SE (第1世代)は、2022年にリリースされるであろう次のiOS16のサポート対象から外れるのは間違いないと思います。

僕は最新OSを使いたいので、iPhone SE (第1世代)は2022年秋までの利用がリミット。

僕が怖いのは、

  • 2022年に発表されるiPhone 14にminiサイズがない
  • iPhone 14の発表と同時に、iPhone 13 miniの販売が終わる

という事態。

「2022年秋のiPhone 14発表までiPhone SE (第1世代)を使って、値下がりするであろうiPhone 13 miniを買う」という目論見が外れてしまい、miniサイズを買えなくなるかも。

まぁ公式から購入することはできなくなったとしても、他から買うことはできると思うので大丈夫でしょうが、販売停止となればそれだけ流通数が減ることになります。

それなら安全牌で、発売と同時にiPhone 13 miniを買ってその価値を享受するほうが良いかも。

タイトルとURLをコピーしました