【レビュー】風呂やアウトドアで使える手のひらスピーカー。Anker Soundcore Mini 3

ガジェット

今回、初めてBluetoothスピーカーを買った乃木介です。

Anker Soundcore Mini 3は約4,000円で買えて、手のひらに乗るほどの小ささ。

さらにIPX7防水で最長15時間バッテリー。マイクも内蔵。

正直あまり期待してなかったんですけど、この価格と小ささなら「いいじゃん」と感じました。

本記事では、Anker Soundcore Mini 3の特徴と使用感を書いています。

外観、付属品

本体

本体は小さな円柱。

車のドリンクホルダーに、スポッと入る形です。

ストラップがついています。

かなり小さく、モバイル性が高いです。

手のひらに乗る小ささ。本体下部に各ボタンがあります。

充電はUSB-C。

付属のケーブルで充電できます。

主なスペックは以下の通り。

Anker Soundcore Mini 3
サイズ約72 x 72 x 84mm
重さ約230g
防水規格IPX7
BluetoothBluetooth 5
オーディオ出力6W

USBケーブル

充電用にUSB-A to USB-CのUSB-ケーブルが付属しています。長さは60cmくらい。

USB充電アダプタは付属していないため、別途必要です。

取説類

ペーパー類は3種類。

注意事項やサポート問い合わせ先、使い方などが記載されています。

特徴

IPX7の防水

Anker Soundcore Mini 3は、風呂やアウトドアでも気にせず使えるBluetoothスピーカー。

IPX7の防水対応なので、水深1mに約30分沈めても大丈夫です。

スピーカーだけお風呂に持ち込めば、スマホが濡れる心配もありません。

IPX7(浸水に対する保護等級)とは、常温の水道水(静水)の水深1mのところに機器を沈め、約30分間放置して取り出したときに、機器の機能が動作することを意味します。

IPX5/IPX7とは何ですか? – SHARP

アプリで音量など調整可能

Soundcoreアプリを使うと、イコライザー調整やBASS UP、オートパワーオフ設定などができます。

マイク内蔵

マイクを内蔵しており、Web会議などにも利用できます。

スピーカーフォンでLINE通話をよくする人にも良さそうです。相手の声も聞き取りやすいです。

最長15時間のバッテリー

使い方にもよりますが、1日2時間使ったとして1週間くらい使えます。

複数台を連携(PartyCast)

Soundcore Mini 3が2台以上あれば、連携させることができます。

最大100台まで連携させられるそうです。

ただし、複数台を連携しても、ステレオにはなりません。

最大100個の同一のSoundcoreMini3スピーカーをワイヤレスで接続できます。

ANKER Soundcore Mini 3Bluetoothスピーカーユーザーマニュアル

使ってみた感想

音質は十分

この手の小型スピーカーは初めてなんですけど、予想よりも音が良かったです。

少なくともスマホやタブレットよりも良い音です。もっとショボいと思ってました(失礼)。

この小ささでこの音なら十分と思います。

とはいえ、据え置きスピーカーには敵わないので、「じっくり音楽を聴く」というより、シャワーや運転中などの「ながら聴き」に向いていると感じました。

音ズレは感じない

YouTubeを見てみましたが、音ズレの有無は僕には分かりませんでした。

かなり集中して見ても分からないくらいです。普通に見れました。

【まとめ】部屋でも風呂でも外でも

この小ささで防水なので、使える場所が幅広いです。

部屋で音楽を聴くも良し。

音楽を聴きながらシャワーを浴びるも良し。

また最長15時間バッテリーのおかげで、外に持ち出しても1日中使えます。

タイトルとURLをコピーしました