メイン利用は微妙。povo2.0はサブ回線向きと思う2つの理由

ライフハック

2021年9月29日にpovo2.0が発表されました。

基本利用料が0円という特徴があり申込みが殺到しているようです。(申込エラー多発で炎上しているようですけど。。。)

僕もpovo2.0に申し込んだ1人。デュアルSIM対応のiPhone 12 miniと使って楽天モバイルと併用してます。povo2.0は電話番号保持用として利用してまして今の所満足しています。

使ってみて感じたのが「povo2.0はメインのデータ通信回線として使うには微妙」ということ。この記事ではその理由を書いています。

povo2.0って?

2021年9月29日からauが開始したスマホ料金プランです。

基本料0円
データ容量0GB
データ容量が0GBの場合の通信速度最大128kbps
国内通話料30秒あたり22円
国内SMS利用料送信1通あたり3.3円[70文字まで]
受信は無料
契約可能者13歳以上の個人
支払い方法クレジットカード

0円が特長で通信データ量は都度購入して使うことが前提になっています。povo2.0は都度購入のことをトッピングと称しています。

データ使い放題24時間330円
データ追加1GB7日間390円
データ追加3GB30日間990円
データ追加20GB30日間2,700円
データ追加60GB90日間6,490円
データ追加150GB180日間12,980円

トッピングには通話や映像コンテンツもあります。

5分以内通話かけ放題1ヶ月間550円
通話かけ放題1ヶ月間1,650円
DAZN使い放題パック7日間760円
smash.使い放題パック24時間220円

メインのデータ回線用に向いていないと感じた理由

povo2.0はメイン回線を補助する役割のほうが向いていると思います。例えば別記事でも紹介した以下のような使い方。

通話用SIMpovo2.0SIMカード0円/月
データ通信用SIMIIJmio eSIM 2ギガプランeSIM440円/月

具体的にはデータ通信用SIMのデータが足りなくなった時にpovo2.0のトッピングで一時的に補う使い方です。

以下がまずメイン回線には向いていないと感じた理由。

  • データトッピングの都度購入が手間
  • データトッピングの有効期間が月間日数とずれる
  • 3GBの次が20GBに大ジャンプ
  • 割高感がある

データトッピングの都度購入が手間

povo2.0で使えるデータ通信量はトッピングで都度購入が必要です。そしてそれぞれのトッピングには有効期限があります。

例えば3GBの容量を毎月使いたい場合、30日ごとに都度購入する必要があります。「今月は3GBいるけど、来月はいらない」という場合にはいいんですけど、全体のパイから見てそういうことって少数だと思う。

例えるなら賃貸マンションの更新手続きを毎月させられる感じ。povo2.0をデータ通信のメイン回線にするとこういう手間が起こります。めんど。

データトッピングの有効期間が月間日数とずれる

1GB、3GB、20GBのデータトッピングの有効期間は30日。

しかし月の日数はすべて30日ではありません。月によって異なります。

月間日数
28日 or 29日2月
30日4月、6月、9月、11月
31日1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月

データトッピングの有効期間と月の日数がずれるので「毎月末日になったら都度購入したらいいわ」のように運用を簡素化できません。

いや購入はできるんですけど、前に購入したトッピングの期間が残っている状態でトッピングを買って有効期限を数日無駄にしたり、いちいち残り日数を確認する必要がでてきます。めんどくさ。

3GBの次が20GBに大ジャンプ

データトッピングのメニューを見ると、990円の3GBの次が2,700円の20GBです。いきなり大ジャンプ。

「3GB以上使うなら、2,700円の20GBを買え」というわけです。

月のデータ使用量が3GB以下か20GB以上のユーザーはまだいいと思いますが、3GB以上20GB未満のユーザにとっては選択肢がなさすぎます。

割高感がある

例として20GBを挙げると、povo2.0の20GBのデータトッピングは2,700円。IIJmioの音声SIMの20GBは2,068円。

povo2.0は毎月購入する手間が発生する上に、IIJmioに比べて632円高いです。

サブ回線に向いていると感じた理由

  • データトッピングの有効期間が短い
  • 「いつもは少ないんだけど、たまにめっちゃ使う日がある」に対応できる

データトッピングの有効期間が短い

データトッピングの有効期限が短いので継続利用には向いていませんが、一時的なデータ容量の補充には向いていると思います。

例えば月の後半にメインの通信回線のデータ容量を使い果たした時に、povo2.0の1GBや3GBのデータトッピングを購入して使う方法です。

「月が変わるあと数日だけ持たしたい」という時なら有効期間が7日間の1GBでも選択肢になりえます。

「いつもは少ないんだけど、たまにめっちゃ使う日がある」に対応できる

個人的に感じたpovo2.0の一番の魅力はこれです。

旅行などで終日外出したり、遠出したりする時はスマホを使う頻度が上がります。地図を検索したり、Webで店を探したり、暇つぶしにニュースを見たり。

つまり「いつもはデータ通信量が少ないんだけど、たまにめっちゃ使う日がある」に対応できます。

その「めっちゃ使う日」がなければトッピングしなければOK。費用も無駄になりません。

【まとめ】そのうちプラン内容が変わる気もする

SNSなどを検索してみると、povo2.0のプラン内容が微妙と感じている人は結構いるようです。

なのでpovo2.0はそのうちプラン内容を見直すかもしれません。申込みエラー多発で炎上もしてますし。

その時はデータトッピングを都度購入だけでなく継続購入もできるようにすると満足度は上がる気がします。

タイトルとURLをコピーしました