【レビュー】テレビ裏でルーターを浮かして収納。山崎実業 テレビ裏ラック ワイド60

ガジェット

自宅のルーターの置き場所って困りません?

僕はテレビ裏に「なんとなく」置いていたので、ケーブルは絡まるわ、ホコリはたまるわで。。。

「なんかいい方法はないかな」とAmazonを見てたら、山崎実業のテレビ裏ラック ワイド60が良さげだったので、買ってみました。

開封

細長い箱で来ました。

ルーターや外付けHDD、電源タップなど収納できます。

ゲームコントローラーも置いたり。

テレビ裏にあるネジ穴を使って取り付けます。

中身は本体とネジ類、取説。

ネジは3種類。M4×10mm、M6×10mm、M8×15mm。六角レンチも付いてます。

本体サイズは、横60cm、縦8.2cm、ネジ穴のある方の高さは3cm。

幅60cmも必要なかったんですけど、「大は小を兼ねる」の精神で大きい方を買いました。小さいほうは40cm。

設置

テレビ裏のネジ穴の径を確認します。僕は『テレビの型番 壁掛け』で検索しました。径はM6だったので、付属のネジが使えました。

これが設置前のテレビ裏。きたねぇ。。。

後はネジで取り付けるだけ。カンタンです。

ルーターを載せて完了。写真にはありませんが、外付けHDDも載せてます。モデムも載せたかったのですが、テレビ本体から伸びるコードが邪魔して断念。

ちなみに奥で光っているのは、SwitchBot Hub Plus。マンションのオートロックをスマホから開けるために使っています。

購入前の注意

取り付けるテレビが対応しているかの確認が必要です。

以下、注意書きより。

  • テレビ背面に4ヶ所以上ネジ穴が空いている
  • テレビ背面のネジ穴の横の間隔が10〜50cm以内である(2.5cm間隔)
  • テレビ背面の製品を取り付ける場所が平面になっている
  • 対応のネジがM4×10mm・M6×10mm・M8×15mmである
  • テレビの大きさが40〜50インチである
  • 端子を塞ぐことなく設置するスペースがある

メーカーにより端子をつなぐ箇所が異なります。必ずご購入前に端子を塞がないで設置できるかネジ穴の間隔をご確認の上、ご購入ください。

効果

ルーターがテレビ台の下に落ちなくなった

今までは、テレビ裏の隙間にルーターを置いていました。

なので、たまにテレビの向きを動かしたりすると、当たってルーターがテレビ台の下によく落ちていました。これがなくなりました。

ルーターにLANケーブルを挿しやすくなった

ラックにルーターを置いたことで、ルーターの位置が少し高くなりました。そのためルーターに手を伸ばしやすくなり、LANケーブルの抜き差しをしやすくなりました。

「LANケーブルの抜き差しなんか、そんなに起こらないじゃん」というのが一般的です。

ですが、僕はガジェットをよく買います。そしてガジェットを買うと大抵配線作業が発生するので、絡まったケーブルを解くことが多いです。なのでLANケーブルを抜いてケーブルを解く作業がしやすくなりました。

テレビ裏の汚れや散らかり具合を意識するようになった

テレビ裏の汚さに、今までは見て見ぬ振りをしてました。意識しないと見ないから余計に。

今回ラックを取り付けたことで、「キレイにしたほうがいいよなぁ」と思うようになりました。使いやすくすれば、それだけその状態を維持しようと思うみたいです、人間って。

【まとめ】テレビの大きさ、ネジ径、ケーブル類と干渉しなければオススメ

テレビの裏側は収納スペースになりやすいと同時に、テレビの電源コードやHDMIケーブルなどが繋がっていることが多いです。ラック設置時にこれらにぶつからなければ、なかなか良い製品だと思います。

僕が買ったのは幅60cmで、これよりも小さい幅40cmのもあります。

あと、テレビの上部に取り付けるものや、ケーブルやカーペットクリーナーに特化したものも。用途や希望に合わせて色々選べます。

注意点はネジ穴の径と、ケーブル類への干渉。これらが大丈夫であれば検討に値するかと。

タイトルとURLをコピーしました