ガラケーの母親にiPhoneをプレゼントして、使ってもらえた話

ガジェット

NTTドコモのガラケーユーザだった母親に、iPhoneを使ってもらうためにしたことをまとめてみました。

iPhoneを使ってもらいたかった理由

連絡手段をLineに変えたかった

母親からのメッセージはキャリアメール(docomo.ne.jp)かSMSでした。

格安SIMカードで通信しているiPhoneユーザの僕がキャリアメールを見るには、gmailなどのフリーメールで受信することになりますが、他のメールに埋もれて気付きにくいんですよね。

返信もgmailでメールを書くことになるので、チャットのような気軽さが消えます。

なので、SMSでやり取りしていたのですが、かなり制限があります。写真を送れないし、URLを送ってもガラケーだからうまく開けなかったり。

こういう小さな不便さは、母の周りの友人も感じているはずなので、その障壁も取り払えるかなと。

便利なものを使って欲しかった

スマホを持てばLineをしたり、写真を撮って友達を共有したり、色んなことができます。最近は家に居ることが多く、気持ちが内向きになりがちだったので、少しでも外の世界と繋がりを持てば楽しいかなと。おせっかいなんですけど。

買ったのは中古のiPhone SE

iPhone Xとかだと、大きすぎて持ちにくいと思ったので、持ちやすいiPhone SEにしました。たまたまローズゴールドがあったので、それをネットで購入。

容量は64GB。写真を撮ったりすることを考えると、容量は多いほうが良いと思って。「iCloudに保存して~」などと言い始めると、難しい印象を与えてしまいますし。

ガラケーとiPhoneの2台持ち

今まで使っていたガラケーがなくなる、となると拒絶反応が出そうだったので、

  • 「ガラケーは今まで通り使えるよ」
  • 「iPhoneはLineや写真撮影に使って」
  • 「iPhone本体と月々の回線料金は、僕のプレゼント」

にしました。

回線はIIJmioで、月額540円

僕が契約しているIIJmioみおふぉんのミニマムスタートプランにSIMカードを1枚追加して、それを母親用にしました。

SMS機能付帯料 :140円
追加SIM利用料 :400円

ご請求明細の確認 – 詳細 より

契約済みのプランにSIMカードを追加するだけなら540円で済みます。ちなみにガラケーがあるので、電話番号による通話機能は付けていません。

気を付けたこと

簡単だと感じてもらうこと

とにかく「スマホは簡単なんだよ。難しくないんだよ」と印象付けるように気を付けました。なので、教えたのは最小限のことだけでした。

  • iPhone本体の電源のON、OFFのやり方
  • ロック解除の仕方
    • 指を乗せるだけで指紋認証
  • Lineの使い方
    • アプリの開き方
    • メッセージの送り方
      • 実際にメッセージの送り合いをしました
    • 通話のやり方
      • 実際に通話をしました
  • 写真の撮り方

聞かれたこと以外を無理に教えない

母親にとっては何もかもが新しい事なので、iPhoneを手に持っているだけで母親の頭は情報過多になりがちです。そんな状態で「あれもこれも」と話すと大混乱します。

ゆっくりした口調で、聞かれた疑問に対して一つ一つ答えることに努めました。

安いということ

母親は、月額料金を僕が払うことを申し訳ないと感じており、

「何しても540円なの?」「本当に、540円以上にはならないの?」

と何度も聞かれました。その度に「どう頑張ってもならないよ」と言ってたら最終的に安心したようでした。

(厳密に言うと、IIJmioのクーポンを購入したら540円以上になりますが、クーポンを購入できるIIJmioのアプリを母親のiPhoneには入れていないので)

母親の反応

とても喜んでくれました。もっと拒絶反応があるのかと思ったけど、物珍しいのかずーっと触ってました。

何日か経った後に、自分で買ったLineスタンプを送ってきたり、「しばらく会ってなかった友達とLineで繋がれた」と喜んでいました。

大きさも丁度よかったようで、iPhone SEにして正解でした。

タイトルとURLをコピーしました