【レビュー】軽い!小さい!便利!Belkin BOOST↑CHARGE Apple Watch用モバイルバッテリー

ガジェット

Apple Watch Series 6のバッテリーは、公式発表で18時間。

ディスプレイの常時表示などをしなければ1日以上持ちますが、それでも1日1回は充電しないと不安になります。

コンセントのない外出先でも充電できるように、Belkin BOOST↑CHARGE Apple Watch用モバイルバッテリーを買いました。

開封

スッキリしたデザインの箱が届きました。バッテリー容量は2200mAh。Apple Watch用に設計されたMFi認証品です。現在発売されているすべてのApple Watchで使えます。

中身はバッテリー本体とUSBケーブル。

裏側にはちゃんとPSEマークがあります。

重さは72g。

手のひらに乗るくらいの小ささです。

バッテリー本体の左側にある白い丸にApple Watchを置いて充電します。白い丸部分はマグネットになっており、Apple Watchがペタっとひっつきます。

側面にはUSB端子、インジケーター、ボタン。このボタンを押すとApple Watchを充電できます。インジケーターはバッテリーの残量を光って示します。

バッテリー本体を充電する時、USBケーブルを挿すとこんな感じ。

充電してみた

バッテリー本体の側面ボタンを押してから、Apple Watchを置くと充電が開始されます。カンタン。

つなぎ目のないバンドでも充電できます。

縦置きにして充電スタンドのようにもできます。

メーカーによると、約3.5回のフル充電ができるそうです。

最大63時間分の充電(約3.5回のフル充電)が可能であるにもかかわらず、70gとコンパクトなモバイルバッテリーです。

belkin公式サイト

コンパクトで持ち運びやすい軽量な本製品は最大63時間分(約3.5回分)の充電が可能

belkin公式サイト

効果

外出先で手軽に充電できるようになった

僕の場合はジムでシャワーを浴びている間に、手軽に充電できるようになりました。

これまでは、

  • Apple Watchの充電ケーブルとUSB充電アダプターをかばんから出す
  • 絡まった充電ケーブルをほどく
  • 充電ケーブルをコンセントに挿す
  • Apple Watchに充電ケーブルを繋ぐ

だったのが、

  • BOOST↑CHARGEをかばんから出す
  • Apple Watchをモバイルバッテリーに置く

で済むようになりました。すごく楽です。

コンセントがない場所でも充電できるようになった

僕は2つのジムに行ってまして、そのうちの1つのジムでは使えるコンセントがありません。

BOOST↑CHARGEのおかげで、閉じたロッカーの中でもApple Watchを充電できるようになりました。

【まとめ】外出先で充電したいなら、買って損なし

やっぱりコンセントが不要なのは大きいです。

手のひらサイズで小さく軽いので、カバンに入れても全く重くなりません。旅行や特にテント泊を伴う登山などで威力を発揮すると思います。

タイトルとURLをコピーしました