【常時表示ONとOFF】Apple Watch Series 6の充電時間を比較してみた

Apple

2020年9月にApple Watch Series 6を購入しました。

購入前に検討していた時は、就寝中も付けていたかったので「入浴中だけの充電で運用できるかな」と気にしていました。

実際は入浴時間にちょっと時間をプラスして充電すると、バッテリーを満タンにできます。

この記事では、画面の常時表示をONした場合とOFFにした場合の充電時間を比較しています。

検証方法

Apple Watchのバッテリーを満タンにしてから1日中つけっぱなしにした後、再び充電し、満タンにするためにかかった時間を計ります。

具体的にはApple Watchを1日中装着した後、入浴前に外して充電を開始します。

最初に満タンにしてから、ぴったり24時間後に再充電できたわけではないので、目安ということで。

利用環境

僕が使っているApple Watch Series 6は44mmのチタニウムケースです。

モデルApple Watch Edition (GPS + Cellularモデル)
サイズ44mm
ケーススペースブラックチタニウムケース

使っている文字盤は『シンプル』。文字通りシンプルです。

画面の明るさは最小にしています。最小でも十分明るいです。

充電はApple純正の磁気充電ケーブルを使いました。

画面の常時表示をONにした場合

最初にバッテリーが満タンにしたのは0:14。ここから翌日の入浴開始まで装着しました。もちろん就寝中もつけっぱなし。

翌日の入浴開始は0:18。この時点でバッテリー残量は52%。なので、画面の常時表示ONにした場合の1日のバッテリー消費量は大体48%ということになります。ここから充電開始します。

0:18から充電を始めて1:14に100%になりました。52%から100%までの充電は56分かかったことになります。

日付時刻バッテリー残量アクション前のアクションからの経過時間
11月19日0:14100%充電完了
11月20日0:1852%充電開始24時間4分
11月20日1:14100%充電完了56分

僕の入浴時間はドライヤーを含めると大体30分。なので、入浴時間だけの充電では満タンにはできませんが、風呂上がりに30分ほど充電時間を追加すると満タンにできます。

画面の常時表示をOFFにした場合

バッテリーが満タンになったのは、常時表示ONの時と同じく0:14。ここから翌日の入浴開始まで装着しました。

翌日の入浴開始は0:48。この時点でバッテリー残量は63%。なので、画面の常時表示OFFにした場合の1日のバッテリー消費量は大体37%。ここから充電開始します。

0:48から充電を始めて1:35に100%になりました。63%から100%にするために47分かかったことになります。

日付時刻バッテリー残量アクション前のアクションからの経過時間
11月17日0:14100%充電完了
11月18日0:4863%充電開始24時間34分
11月18日1:35100%充電完了47分

画面表示ONの場合と比べると充電時間は短くなってますが、この場合も入浴時間だけの充電では少し足りません。ですが、入浴時間30分として、風呂上がりに10分ほど追加で充電すると100%にできます。

充電時間の差は9分

利用時間が少し異なりますが、画面表示OFFのほうが9分早く充電が完了しました。

満タンまでの充電時間
常時表示ON56分
常時表示OFF47分

【まとめ】1時間くらいあれば満タンになる

画面の表示箇所が少ない文字盤を使ったので、他の文字盤や気温などの数値を表示させた場合は、バッテリー消費がもう少し増えると思います。

ですが、入浴時間に充電時間を30分程度プラスすれば満タンにできると思います。

タイトルとURLをコピーしました