Apple Watch Series 6で新しくできるようになった6つのこと

ガジェット

2020年9月16日に、Apple Watch Series 6が発表されました。発売は9月18日から。

従来のApple Watchと比べて、新しくできるようになったことをまとめてみました。

Apple Watch Series 6のスペック面の変化

source: Apple

ディスプレイの大きさに変化はなし

ディスプレイの大きさは、Series 5と同じです。大きくなるかなとちょっと期待したんですが。

バッテリーは変わらず最大18時間

バッテリーもSeries 5と同じく最大18時間。

血中酸素濃度センサーがついた

血中の酸素濃度を測定するセンサーがつきました。詳細は後述。

高度計が常時計測になった

高度計はSeries 3から搭載されていますが、新しい高度計は常時計測が可能になりました。

Apple Watch Series 6の価格

2020年9月現在、Apple Watchは3つのSeriesが販売されています。

GPS + CellularモデルGPSモデル
Apple Watch Series 653,800円42,800円
Apple Watch SE34,800円29,800円
Apple Watch Series 319,800円

Apple Watch Series 6のケース本体の素材

アルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3つです。

Series 5にあったセラミックはなくなりました。

できるようになった6つのこと

Apple Watch Series 6以外のモデルでも、できるものもあります。

選べるカラーが増える

以下が新しく追加されました。

ブルーアルミニウムケース

source: Apple

ゴールドステンレススチール

source: Apple

グレイブラックステンレススチール(グラファイド)

source: Apple

(PRODUCT)RED

source: Apple

血中酸素濃度の測定ができる

発表会の最初に紹介された機能。今回の目玉っぽいです。

Apple Watchで血中酸素濃度を測れるようになります。一般的に95〜100%であれば健康で、80%を切ると脳や心臓の機能に影響があり、低い数値が継続してしまうと心肺停止などのリスクがあると言われています。

この機能は医療目的ではないので、医療機器の承認が必要な心電図機能と違って日本でも使えるようです。新型コロナウイルスの流行により血中酸素濃度が注目されているそうなので、時勢に合った機能と言えます。

source: Apple

測定は15秒。また、1日中ずっと測定することもできるそうです。

source: Apple

測定した結果は、iPhoneで確認できるそうです。

source: Apple

呼吸器系に心配のある方が自分でも血中酸素濃度を確認できるようになることは、インパクトが大きそうです。

僕だと登山をするので、ありがたい機能です。

これでApple Watchは、心拍数と心電図に加えて血中酸素濃度という3つのデータを測定することができるようになったわけです。Appleは完全に医療やヘルスケアにフォーカスしていますね。

ディスプレイの常時表示が2.5倍明るくなる

Apple Watch Series 5から、腕を下げた状態でもディスプレイが常時表示されるようになりました。

Apple Watch Series 6の常時表示は、ディスプレイの明るさが2.5倍になります。太陽がまぶしくても見やすくなりました、ということでしょうか。

source: Apple

高度をリアルタイム計測できる

新しくなった高度計で、高度の常時計測が可能になりました。登山中や飛行機内で見ながらニヤニヤできそうです。

source: Apple

新しいウォッチフェイスを選べるようになる

文字盤の種類が増えました。

source: Apple

GMT文字盤

複数の地域の時間帯を同時に確認できる。現在地に合わせて時刻を表示。

source: Apple

カウントアップ文字盤

スタート時からの経過時間を表示。

source: Apple

クロノグラフプロ文字盤

いくつものタイムスケールを搭載。平均速度を計測できたり。

source: Apple

タイポグラフィ文字盤

3種類のカスタイムタイプスタイルと、4種類の字体を選べる。

source: Apple
source: Apple

source: Apple

アーティストのジェフ・マクフェトリッジの文字盤

組み合わせが数百万通りあり、手首を挙げるとアニメーションが動きます。

source: Apple

ミー文字の文字盤

好きなミー文字を表示させて、タッチすると動きます。

source: Apple

ストライプ文字盤

好きなストライプを表示できます。応援チームカラーとか。

source: Apple

新しいバンドが使える

ソロループ

金具やバックルなどがない、ひとつながりの輪っかのようなバンドです。

source: Apple

シリコン製で伸縮性があるバンドで、水泳にも使えます。

source: Apple

自分の手首にあったサイズを選びます。

source: Apple

カラーは7つ。

source: Apple

ブレイデッドソロループ

100%リサイクルの糸で、シリコン製の糸も編み込まれています。カラーは5色。

source: Apple

レザーリンク

ループバックや金具がないデザインのバンドです。

source: Apple

Nike Series

Nikeモデルにもソロループがあります。

source: Apple

Hermès Series

エルメスモデルも新しいバンドが増えました。

source: Apple

source: Apple

【まとめ】血中酸素濃度と常時表示ディスプレイが魅力的かどうか

色々新しい特長が増えましたが、バッテリーが大幅に伸びたり、ディスプレイが大きくなったり、がなかったですね。

source: Apple

新たに追加された血中酸素濃度センサーと常時表示Retinaディスプレイ、新しい高度計が必須ではない人は、同時発表されたApple Watch SEのほうが良さそうですね。安いし。

注意点があるとすれば2つ。心電図機能(ECG)とAirTagですね。

ECGは近い将来に日本でも利用できるようになるとみられますが、Apple Watch SEは対応していません。

それからApple Watch Series 6にはU1チップが搭載されています。これは、今後発表が予測されているAirTagとの組み合わせに使われるかもしれません。

ちなみに僕はもうポチっちゃいました。Apple Watch Series 6を。

タイトルとURLをコピーしました