HOKUTO防湿庫 HS-41Lレビュー:カメラ機材の収納と整理にも便利なボックス

ガジェット

もっと早く買っておけばよかった。

カメラ、レンズにとって湿気は大敵。

今まではドライボックスでがんばっていたものの、機材数が増えるにつれて利便性に問題が出てきました。

「そんなにカメラ上手いわけじゃないしなぁ」という謎の気持ちを振り切り、ようやく電動の防湿庫を買いました。便利だわぁ。

【購入理由】ドライボックスでは限界になってきた

ドライボックスの中が散らかる

↓がドライボックスを使っていた時の状態。ひどいでしょ?

カメラ本体とレンズしか持ってなかった頃は、これでも問題なかったんですよ(いいわけ)。

それがフィルターなど物が増え始めると、どんどん煩雑になっていきました。

取り出しと、収納が手間

ドライボックスからカメラを出すのが、めちゃめちゃ面倒くさいんです。

カメラを使う時は、以下の動作が毎回発生していました。

  1. ドライボックスをデスク上に持ってくる
  2. フタを開ける
  3. カメラを取り出す
  4. フタを閉じる
  5. ドライボックスを元の場所に戻す

カメラを片付ける時にも同じ手間が発生します。

なのでカメラをしまうのが億劫になって、カメラを使うと、しばらく外に出したままになっちゃうんです。これは良くない。

HOKUTOの防湿庫には3シリーズある

HOKUTOの防湿庫には入門機種、ミドルレンジ、ハイエンドの3シリーズがあります。

僕が買ったのは入門機種であるHSシリーズの41L。

HSシリーズHPシリーズHBシリーズ
モデル入門機種ミドルレンジハイエンド
容量25L
41L
51L
38L
48L
68L
88L
102L
132L
135L
155L
50L
68L
88L
102L
防湿剤不要
消耗品不要
(温度計用電池)
省エネ機能搭載
全自動除湿機能
(微調整必要)
内蔵LEDランプ
青色タッチスクリーン
棚高さ調整機能
(25L除く)
棚引き出し機能
(25L除く)

(135L除く)
アジャスター搭載
(25L除く)
強化ガラス採用
ロックキー搭載
安全な低圧直流駆動
高耐久性ゴムパッキー採用
強力マグネットで高気密性
表示器の明るさを調整機能
扉にハンドル付き(25L除く)
PSE認証

入門機種:HSシリーズ

僕が買ったHS-41Lは、このシリーズ。

  • 安価
  • 価格帯は0.9〜1.6万円くらい
  • 必要最低限の機能
  • 湿度は、除湿の強弱をツマミを回して調節する

製品ラインナップは3つ。

ミドルレンジ:HPシリーズ

HPシリーズは湿度を設定できます。

  • 価格帯は1.6万〜5万円くらい
  • 湿度を設定して全自動で除湿
  • 湿度表示は電池不要

製品ラインナップは8つとシリーズ中で最多。

ハイエンド:HBシリーズ

  • 価格帯は2.3万〜3.4万円くらい
  • 湿度を設定して全自動で除湿
  • 湿度表示が青色タッチスクリーン

製品ラインナップは4つ。

僕が買ったのは入門機種のHS-41L

スペック

品名ドライキャビネット 41L 防湿庫
型番HS-41L
容量41L
電源100V (50/60Hz)
サイズ外寸:W290mm × D321mm × H486mm
内寸:W286mm × D290mm × H435mm(突起部除く)
湿度調整範囲20%~80%RH
材質本体:スチール製メラミン焼付塗装
扉:マグネット式/正面強化ガラス

開封

長方形の段ボールで届きました。

中身は本体、電源アダプター、取説。

扉は鍵を掛けられます。

扉の右上に温湿計があります。

棚は3つ。

1段目はフラット。引き出せます。

2段目はレンズが転がらないよう丸くなってます。2段目の引き出せます。

一番下の段はフラット。引き出せないです。

1段目と2段目の位置は変えられます。

1段目の奥の壁にツマミがあり、除湿具合を調節します。除湿を強めるとWorkランプも強く光ります。

本体の背面に除湿ユニット。

カメラ・レンズを入れてみた

↓さっきの散らかったドライボックスの中身を、HOKUTOの防湿庫に入れてみました。

1段目には、利用頻度の高いα7Cとフィルター。

2段目はレンズ2つ、Insta360 ONE X2、DJI Pocket 2。

3段目には、マイクやあまり使わないフィルターなど。

感じた効果

カメラの取り出しと収納がラクになった

カメラを取り出す時も収納する時も、扉を開けるだけ。

めちゃくちゃラクになりました。

機材を整理できた

ドライボックスは「とりあえず放り込む」という使い方をしていたので、3段に分けて収納できることは僕にとっては、ちょっとした革命。

整理できたので「あ、このフィルター持ってたんだ。。。」ということもなくなりました。

音が静か

稼働音がとても静かです。

耳をすまして、かなり近づいても聞こえないくらいです。

乾燥剤の期限を気にしなくていい

ドライボックスは乾燥剤を使います。

この取り替え期限を気にしなくてよくなりました。つまり基本、放ったらかしでOK。

僕が買ったHS-41Lは湿度指定ができないけど、除湿をちょっと強めにしておけばいいので。

気になった点

温湿度計が見えにくい

これは『僕の部屋がちょっと暗め』で『光が届きにくい部屋の隅に設置した』というのが原因。

まぁ大した話じゃないけど、デジタル表示が光るHPシリーズでも良かったかな。

【まとめ】ドライボックスがごちゃついている人は是非

ドライボックスや電動防湿庫を持っていない人や、機材が多い人は検討して良いと思います。

ただ電源を入れて、機材を中に入れるだけなのでカンタンですし。

タイトルとURLをコピーしました