【超ざっくり】Appleシリコンってなに?iPhoneユーザにもちょっと関係あるかも

ガジェット

Macユーザーとしては、すごく気になるものです。

2020年6月、Appleは「今後のMacには、Appleシリコンを搭載していくからね」と発表しました。

そして2020年11月11日(日本時間)、そのAppleシリコンのM1なるものが搭載された『MacBook Air』『13インチMacBook Pro』『Mac mini』が発表されました。

Source: Apple

このAppleシリコンの登場は業界ではとても大きなニュースです。が、「それ、私になんか良いことあるの?」という人も多いのではないでしょうか。

Appleシリコンがユーザにとって、どんな効果があるのかを書いてみました。できるだけわかりやすさに務めました。

この記事は、詳細より大枠をざっくり認識することに重きを置いています

Appleシリコンは、Macに特化した新しい脳みそ

Appleシリコンは、Macに搭載される新しい脳みその名前です。

WindowsでもMacでも、世の中のパソコンには脳みそが入っています。このパソコンの脳みそは、一般的に『チップ』とか『CPU』などと呼ばれます。(表現が正しいかどうかはおいといて。)

そして、このパソコンの脳みそを作っている主な会社は、世界で2社あります。インテル社とAMD社です。

昔、「インテル入ってる」というセリフが流れるパソコンのCMがありましたが、あれは「このパソコンには、インテルが作った脳みそが入ってます」ということを表現していました。

Windowsのパソコンにはインテル社かAMD社、最近のMacにはインテル社が作った脳みそが搭載されていました。要は、WindowsもAppleのパソコンも、他社製の脳みそを使ってました。

そんな中、Appleは「Mac用の脳みそができた!」と発表したのです。その脳みその名前がAppleシリコンです。

新しく発表された脳みそのAppleシリコンは、当然Appleが設計しています。(製造はArm社という別会社)

つまりAppleは、Macで使うことを前提とした脳みそを持つことができたわけです。

iPhoneやiPad、Apple Watchなど、他のApple製品の脳みそもAppleシリコンです。Macの脳みそだけ、他社製でした

ユーザにとっての効果

2020年11月11日に発表された新しい『MacBook Air』『Mac mini』『13インチMacBook Pro』には、M1というAppleシリコンが搭載されています。これら3製品の発表内容をもとに、ユーザにとっての効果を挙げます。

MacでiPhone・iPadアプリが動くようになる

この記事タイトルで「iPhoneユーザにもちょっと関係あるかも」と書いた理由がこれです。

iPhoneやiPadのアプリはMac上では動きません。が、Appleシリコンを積んだMacであれば、Mac上でも使えるようになるそうです。

Source: Apple

Source: Apple

「このアプリ、Macでも使えたらなぁ」と感じたことのある人には、かなり嬉しいことです。Macを持っていないiPhoneユーザにとって、Mac購入の検討になりえる要因です。

まぁ2020年11月11日現在では、まだ動くところを実際に見たり触ったりしてないので、どこまでのレベルで実現されるかはわかりません。が、遅かれ早かれ落ち着いていくと思います。

バッテリーの持ちが長くなる

Appleシリコンは、従来のチップに比べて電力消費が少なくなっています。

Source: Apple

この恩恵を強く受けるのがバッテリー稼働するMacBook Airと13インチMacBook Proです。

MacBook Airであれば、ビデオ再生が最大18時間と以前より6時間も長くなっています。電源がなくてもかなり長く使えます。

Source: Apple
Source: Apple

ファンの音が小さく、または無音になる

Appleシリコンは、発熱量が小さくなっています。熱くなりにくいということです。

つまり排熱のためのファンが従来ほど回転する必要がないため、うるさくなりにくいです。また製品によってはファンが不要となりました。実際、新しいMacBook Airにはファンがなく、音がしません。

Source: Apple

動きが速くなる

Appleシリコンは基本性能も向上しているため、いろいろな処理が速くなっています。

MacBook Airであれば前世代に比べてCPUが最大3.5倍、グラフィックス性能が最大5倍に向上しています。

Source: Apple

Source: Apple

アプリ開発者にとっての効果

Mac用のアプリ開発が楽になる

先述したように、Appleシリコンを搭載したMacでiPhoneやiPadのアプリが動きます。つまり、iPhoneやiPad用に作ったアプリがあれば、アプリ開発者はMac用にアプリを作る必要がないわけです。

マーケットが増える

例えばiPhoneとiPadの有料アプリであれば、iPhoneかiPadユーザが顧客となりえます。つまりマーケットはiPhoneユーザとiPadユーザの数です。

Appleシリコンによって、このマーケットにMacユーザも加わるわけですから、アプリの売上UPが期待できます。しかもMac用アプリの開発費を増やさずに。

Appleにとっての効果

Appleシリコンは、ユーザやアプリ開発者だけでなくApple自身にも効果があります。

製品開発スケジュールが他社に影響を受けない

Macはインテル社のチップを使用していました。

そのためAppleは、Macの開発・発売スケジュールを立てる時、インテル社のチップ開発スケジュールと歩調を合わす必要がありました。

しかしAppleオリジナルのチップを作ることで、この必要がなくなったのです。

インテル社との調整ごとがごっそり無くなると思うので、かなり仕事が効率化していると思います。

【まとめ】iOSアプリを大きな画面で操作したい人にもアリなMac

今回発表されたMacは、Appleシリコンを初めて搭載したMacです。初めての製品がゆえに、実際に使ってみた印象や長所短所が気になります。

なので、これからネット上に続々と出てくるであろうレビュー記事などを読みながら、検討していくのが良いかと。

ともあれこのMac向けのAppleシリコン登場は、既存Macユーザにとってだけでなく、iPhoneやiPadユーザにとってもちょっと良い話かと思います。

さて、どのMacを買うべか。。。

タイトルとURLをコピーしました