【レビュー】SwitchをドックなしでTV出力と有線LAN接続できるLemorele USB C ハブ 7-in-1

ガジェット

家のPCをネット接続する時は、有線LANな乃木介です。

速度が速いですし、安定するし、なんか安心です。

「どうせならNintendo Switchも有線LAN接続してしまおう」ということで、Lemorele USB C ハブ 7-in-1を買いました。

ドックなしでテレビ出力ができて、有線LAN接続もできるハブです。

開封

どことなくAnkerチックなパッケージで来ました。

箱の裏には接続できるポートの図解。

中身は本体とペーパー。

ちょっと予想外に高級感がありました。

長い方の側面にポートが集まっています。

短い方の側面にLANポート。

裏面。

端子はUSB-Cです。

接続してみた

Lemorele USB C ハブ 7-in-1にACアダプタ、HDMIケーブル、LANケーブル、そしてSwitchを接続しました。

電源は、Swtich純正のACアダプタを使っています。

僕はテレビ裏にSwitchを浮かせています。省スペース化と熱対策。

問題なくテレビに出力できました。

電源は純正のACアダプタを使っています。それ以外の電源では正しく稼働しませんでした。

有線LANも認識できています。

画面右上に、有線LAN接続ができているマークが表示されています。

無線LANと有線LANの速度比較

同じ時間に測定しました。

まず無線LANの速度。5GHzで接続しています。

ダウンロードが65.3Mbps、アップロードが31.0Mbps。

有線LANの速度。

ダウンロードが164.6Mbps、アップロードが29.0Mbps。

ダウンロードアップロード
無線LAN65.3Mbps31.0Mbps
有線LAN164.6Mbps29.0Mbps

アップロードは同じくらいですが、ダウンロードは有線LANが倍以上の速度でした。

効果

ダウンロード速度が速くなる

無線LANに比べて倍以上の速度がでました。

まぁ無線LANでも、ある程度の速度が出ていれば問題ないと思います。

無線に比べて接続が安定する

一般的に無線より有線のほうが、接続は切れにくいです。

オンライン対戦などをよくする人はいいかも。

別のTVでのプレイ用にドックを追加購入しなくて良い

純正のドックは約6,500円。このハブのほうが若干お安いです。

持ち運びしやすい

ドックに比べて格段に小さいので、持ち運びしやすいです。

外出先で使いたい時によさげです。

熱対策しやすい

特に旧型Switchだと発熱しやすいです。

ハブを使うことで、Switch本体をドックから出してテレビ出力できるので、発熱対策がしやすいです。

僕はテレビ裏にヒートシンクと一緒に浮かせています

【まとめ】Switch以外のPCでも使える

Lemorele USB C ハブ 7-in-1はUSB-C端子。

今、世の中はUSB-AからUSB-Cに移り変わっている時期。

SDカードスロットやHDMI端子のないPCを持っている人は、そっちでも使えるかと。

タイトルとURLをコピーしました