【レビュー】SmartMat Lite(第1世代)のWi-Fiがショボすぎて返品した

ガジェット

Wi-Fiの距離が3mて。。。

スマートマットライトは「載っているものの重さを測って、一定量を下回るとAmazonで自動注文や通知してくれる」という便利ガジェットです。

「2Lペットボトルのミネラルウォーターをラクに買おう」ということで、買ってみました。

が、Wi-Fiが届かなくて返品しました。買う時はご注意を。。。(第2世代では改善されてるそうです)

開封

買ったのはA3サイズ。他にはA4、A5サイズがあります。

中身は本体、取説、単三電池。

左下にロゴとシリアル番号が記載されています。

表面はアクリルかな。

厚さは約3cm。

裏面には電池を入れるスペースがあります。

取説にセットアップ方法が記載されています。

スマートマットライトの設定

設定はスマホでもPCでもできます。ただ設定時のブラウザは、Internet ExplorerとEdgeが非推奨。

会員登録

取説に記載されているQRコードにアクセスして、ログイン画面を開きます。

画面下にある『会員登録』から会員登録します。

ログインしてセットアップ

ログインしてセットアップすると、Wi-Fiルーターとスマートマットライトが接続されます。

やり方は画面に従って進めばOK。

Wi-Fiルーターとスマートマットが接続できると、本体のランプが緑に光ります。

自動注文、通知したい商品を登録する

管理画面では、『自動注文』か『買いどき通知』のどちらかにそれぞれ商品を登録できます。

機能名してくれる事対象商品
自動注文残量が指定の割合を下回ったら、自動注文する約3,000点のAmazon商品
買いどき通知残量が指定の割合を下回ったら、メール通知が来るほぼすべてのAmazon商品

試しにミネラルウォーターを自動注文登録してみました。

登録すると、商品一覧画面に表示されます。ここでは「どれくらい減ったら自動注文するか」も設定できます。

例えば以下の画像だと、2Lのミネラルウォーターが20%(約3.6kg)以下になったら自動注文する設定。2Lの水は2kgなので、1本になったら自動注文されるということですね。

ちなみに重さを計るのは午前4時30分だそう。

起こった問題:Wi-Fiが届かない

2Lのミネラルウォーターを収納しているのは、キッチンの棚の中。

「よし、ぴったりだ」とニヤニヤしながら設置しました。

で、おもむろに管理画面を見るとさっきまでWi-Fi接続されていたスマートマットライトなんですけど、

Wi-Fiが切れているではないですか。

しばらく原因が分からず、ふとAmazonの商品ページを見ると、Wi-Fi強度が3m以内という記述が。

設置したスマートマットライトと無線ルーターの距離を測ると、約4.5m。見落としてた。。。

でも無線ルーターとの距離を気にしなきゃいけないって。。。

【まとめ】買う人は第2世代を検討されたし

無線ルーターから3mって設置場所がかなり限られます。

どうやら要望が多かったらしく、Wi-Fiが改善された第2世代のスマートマットライト2も販売されていました。気付かなかった。

検討している人は、第2世代のスマートマットライト2が良いと思います。無線ルーターから3m以内じゃないと使えないって、かなり制限ありますよ。。。

あ、あと第2世代でもWi-Fiは2.4GHzしか対応してません。5GHzのみの無線ルーターを利用している人はご注意を。

まぁ僕は第2世代のスマートマットライト2をポチって試したけど、結局それも繋がらなかったんですけどね。。。

タイトルとURLをコピーしました