XGIMI Halo+レビュー:ワイヤレスとオート台形補正で、場所を動かしまくれるモバイルプロジェクター

プロジェクター

XGIMI Elfinが気に入って、プロジェクターにハマっている乃木介です。

XGIMIのプロジェクターには、バッテリー稼働するXGIMI Halo+(エクスジミー・ヘイロープラス)があります。

持ち運べるモバイルプロジェクターなのに、明るい900ANISルーメン。(ちなみに人気機種のAnker Nebula Capsule IIは200ANSIルーメン。)

スピーカーはHarman/Kardon製の5Wを2つ搭載。

Andoroid TVでYouTubePrime Videoを視聴したり、チューナーを繋げてテレビ代わりにも。

そして、台形補正が自動バッテリー稼働なので、設置場所を移動させまくっても問題なし。

バッテリー稼働時間は約2時間。

この稼働時間が問題なくて、使う場所を頻繁に移動させる用途なら、この価格では最強のプロジェクターのような気がする。

本記事ではXGIMI Halo+の特徴や、使ってみて感じたレビューを書いています。

外観、付属品

本体

正面にレンズとセンサーがあります。

下にあるのは、台形補正用のセンサー。

背面に、ファンと各種ポートがあります。

上面には、音量調整ボタン、再生ボタンがあります。

底面には、三脚用のネジ穴(1/4インチ)があります。

あとフラップのようなスタンドも付いています。これを立てることで、レンズを斜め上に向けられます。

大きさは、手のひらくらい。

普通に持てます。

主なスペックは以下の通り。

XGIMI Halo+
サイズ幅:約14.5cm
奥行:約11.3cm
高さ:約17.1cm
重さ約1.6kg
バッテリー59.4Wh
(約2時間)
明るさ900ANSIルーメン
解像度1920 x 1080(フルHD)
スピーカー5W × 2
メモリ2GB
ストレージ16GB
OSAndroid TV 10.0
入力ポートHDMI 2.0 x 1
USB 2.0 x 1
出力ポート ヘッドホン × 1
Wi-Fi2.4/5GHz
802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0

リモコン

リモコンは白が基調でシャレてます。

細長く、持ちやすい形。

単4電池2本で動きます。

電源コード、アダプタ

アダプタは、片手で持てる大きさです。

設置方法

そのまま置く

スタンドを立てていない状態

本体をそのまま置いて使う方法です。

投影位置を少し上に向けたい場合は、スタンドを立てます。

スタンドを立てた状態

三脚を使う

投影角度をもっと調節したい場合は、三脚を使います。

僕が使ったのは、JOBY ミニ三脚 ハンディーポッド。3,000円でお釣りがきます。

天井から吊り下げる

天井に金具を取り付けて、吊り下げる方法です。

持ち家や分譲マンションなどであれば、この方法もありですね。

ただバッテリーで動くHalo+の強みは、外に持ち出したり、設置場所を気軽に変えられること。

設置場所が固定なら、XGIMI Elfinなどのバッテリー非搭載モデルのほうがいいと思います。安いので。

基本性能

明るさ

XGIMI Halo+は900ANSIルーメン。電気をつけた室内でも普通に使えます。

まず最初に、昼間にカーテンが開いた状態で使ってみました。ちょっと薄くなりますが、普通に見れます。

次にカーテンを閉めて、室内の明かりをつけた状態。十分くっきり映ります。

最後にカーテンを閉めて、室内の明かりを消した状態。バッチリ見えます。

ちなみに、色んなプロジェクターを見ていると、『ルーメン』と表記されているものと、『ANSIルーメン』と表記されているものがありますが、これら2つは別物です

『ANSIルーメン』は、米国国家規格協会が定めた光の明るさの尺度です。

一方『ルーメン』は、何かの規格や基準に基づいた数値ではないので、メーカーによって揺れが生じる可能性があります。

なので、規格に則った『ANSIルーメン』を見て比較するのが吉です。

プロジェクターの明るさの単位には【ANSIルーメン】というものがあります。ANSI(アンシ)とはAmerican National Standards Instituteの略で米国国家規格協会が定めたプロジェクターの規格です。投影面を9分割した場合の明るさの平均になります。

この【ANSI】とついてないルーメン表記の場合、性能上の最大値であったり、一部だけ明るいなどという可能性があります。

ルーメンで明るさを比較する際は【ANSI】と書いてあるかどうかチェックしましょう。

モバイルプロジェクターの選び方 – SANWA DIRECT

設置距離と画面サイズ

XGIMI Halo+は、60〜150インチでの投影に対応しています。

設置距離画面サイズ
3.98m150インチ
2.66m100インチ
2.13m80インチ
1.59m60インチ

設置距離が約1.5m、画面サイズが約60インチで置くとこんな感じ。

オートフォーカス

起動すると、勝手にフォーカスを合わせてくれます。

台形補正

これが超便利。

斜めから投影しても、自動で台形補正してくれます。

しかも障害物があっても勝手に避けてくれます。

ズーム

ズーム機能で、画面サイズを小さくできます。

スピーカー

スピーカーとして、harman/kardon(ハーマン・カードン)の5Wが2つ搭載されています。

普通に使う分には十分な音。安っぽい軽い感じはないです。

また、Bluetoothや3.5mmヘッドホンジャックで、外部スピーカーやイヤホンと接続するのもありです。

Android TV 10.0

XGIMI Halo+には、Android TV 10.0が搭載されています。

Google Playで色んなアプリをインストールできます。以下は一例。

  • YouTube
  • Prime Video
  • Abema TV
  • TVer
  • Netflix

YouTube。

Prime Video。

Abema TV。

TVer。

Netflixを見る時は、ちょっと使い勝手が悪いです。

Google PlayのNetflixアプリをインストールしても、コンテンツの再生ができません。

Netflixを見る方法はいくつかあるようですが、僕は以下の方法をとりました。

  1. 『DesktopManager』アプリをインストール
  2. 『DesktopManager』アプリで、Aptoide TVをインストール
  3. 『Aptoide TV』アプリで、『Netflix』アプリ(黒背景)をダウンロード

上記の方法でNetflixを見ることはできるんですけど、他のアプリに比べると操作しにくいです。

なぜかというと、Web版のNetflixなので、カーソルをリモコンで操作する必要があるんです。

僕はそこまで気にならず使ってますが、気になる人は、USB端子にFire TV Stickを挿して使ったほうが良いですね。

外部機器との接続

PC

HDMI端子を使ってPCと接続できます。

少し遅延がありますが、↓の『ゲームモード』を使うことで解消できます。

ゲームモード

画像モードで『ゲームモード』を選択することで、ゲーム機やPCを接続した時の遅延(レイテンシー)を下げられます。

ブーストモードにすることで、遅延をさらに下げられます。

乃木介
乃木介

PCを操作する分には、標準モードで大丈夫でした。

Chromecast built-in

XGIMI Halo+には、Chromecastが内蔵されています。

AndroidスマホやPCの画面やコンテンツを、キャスト(ミラーリング)できます。

外部スピーカー

Bluetoothや3.5mmヘッドホンジャックで、スピーカーと有線接続もできます。

地デジチューナー

地デジチューナーをつなぐことで、テレビ番組を見ることができます。

テレビをプロジェクターに代えれば、部屋が広くなるので一人暮らしの人にもいいですね。

地デジチューナーのピクセラ Xit AirBox Lite(サイト エアーボックス ライト)に接続してみたら、ちゃんとテレビ番組を見れました。

設定方法はXGIMI Elfinというプロジェクターと同じでOKでした。

詳しい設定方法は↓の記事にまとめています。

こんな人にオススメ

設置場所を頻繁に変えたい人

XGIMI Halo+の強みは、900ANSIルーメンの明るさで、かつバッテリー稼働すること。

アウトドアはもちろん、自宅でも使う部屋を都度かえたい人にオススメです。

台形補正が手間な人

プロジェクターの台形補正って、手動でやるとかなり面倒くさいです。

XGIMI Halo+なら斜めから投影しても、自動で台形補正してくれます。

なので、設置場所を頻繁に動かしても問題なしです。

個人的に、この自動台形補正機能ってモバイルプロジェクターとすごく相性がいいと思います。

モバイルプロジェクターって設置位置が毎回変わりますから。

ちなみに前モデルのXGIMI Haloとの最大の違いが、この自動台形補正機能が追加されたことです。

XGIMI HaloXGIMI Halo+
明るさ800ANSIルーメン900ANSIルーメン
解像度1920 x 1080
(フルHD)
1920 x 1080
(フルHD)
重さ約1.6kg約1.6kg
自動台形補正垂直方向のみ
障害物自動回避X
スクリーンへの自動調整X
価格96,800円109,890円
価格は2022年6月18日現在

部屋を広くしたい人

Netflixやアマプラなどネット配信が中心で、テレビをたまにしか見ない人にとって、部屋を狭くするテレビは悩ましい存在。

とはいえ、以下のような理由でテレビを手放せない人もいるのでは。

  • 「たまに大きい画面で見たくなる」
  • 「たまに友達と一緒に映画を見る」

XGIMI Halo+は片手で持てるサイズ。

しかもバッテリー稼働(約2時間)で、配線を気にせず、どこにでも置けます。

たまにしか見ないテレビは手放しちゃって、大きい画面で見たくなった時は、XGIMI Halo+をちょこんと置けば、部屋がかなりスッキリします。

設置場所が毎回違っても、台形補正が自動なので手間いらず。

で、使わない時はクローゼットなどに収納しちゃえば、部屋が広くなります。

使う時だけ出せばいいんです。

【まとめ】めちゃキレイな画質です

XGIMI Halo+は900ANSIルーメンの明るさで、このサイズで自動台形補正までしてくれるスグレモノ。

配線を気にせず、色んな部屋に移動させたり、アウトドアで使ったり。

モバイルプロジェクターにもホームプロジェクターにもなる、ほんとによくできた製品だと思います。

タイトルとURLをコピーしました