【レビュー】放熱を邪魔しないREMAXのiPhone 12 mini用ケース

iPhone

iPhone 12 miniには透明ケースを付けて使っています。ただ気になるのが放熱。

iPhone 12 miniの背面はアルミではなくガラス。

ただでさえ放熱されにくく、それをケースで覆ってしまうと熱が余計にこもります。

熱がこもるとバッテリー劣化に影響しそうです。

これがイヤなので通気性の良いケースを買いました。1,250円なり。これ良いです。

開封

封筒で届きました。

パッケージ下にBreathable Case(呼吸できるケース)の文字。

『透気散熱』と聞き慣れない単語。

買ったのは黒。

無数の穴があいています。

カメラ部。出っ張ったレンズ保護目的で、枠が少し盛り上がってます。

重さはわずか6g。1円玉6枚分。めちゃくちゃ軽いです。

持つと手が透けます。装着する前は安っぽさを感じるくらい。

iPhone 12 miniに装着してみた

ピタっとはまりました。

カメラを囲う丸みを帯びた四角い枠には高さがあり、出っ張ったレンズが当たりにくくなっています。

なおiPhone 12 miniの色はブルー。

Appleロゴが透けて見えます。

側面のボタンは、ケースの厚み分だけ凹んだ位置になりますが、ちゃんと押せます。

Lightningポートとスピーカーの穴も問題なし。Lightningケーブルをちゃんと挿せます。

感じたこと

手触りがいい

サラサラしています。

これを肌触りが良いと感じるか、滑りやすいと感じるかは人それぞれ。

僕は肌触りが良いと感じました。

これまで使っていた透明ケースと比べて、とても良いです。

見た目がスマートになった

透明ケースだと、付いたホコリや細かな傷がiPhoneの見た目をくすませてました。

それと比べて明らかにスッキリしました。

このケースを最初に触った時は、「なんか安っぽいな」と感じたんですけど、iPhone 12 miniに装着したらそんな感じはなくなりました。

指紋がつきにくい

透明ケースと違って表面がサラサラしており、指紋がつきにくいです。

というか、肉眼では全く見えないです。それくらいサラサラしています。

熱がこもりにくくなった

穴が無数にあいているので、熱がこもる心配がかなり減りました。

落下時の耐衝撃は期待できない

かなり軽いので、落下時の衝撃吸収は期待できなさそうです。

【まとめ】ケースを付けたいけど熱をこもらせたくない人にオススメ

iPhoneはそれなりに金額がするので、むき出しで使うのはちょっと勇気がいります。

かといってケースをつけると、熱がこもってバッテリー劣化に影響します。

放熱ケースってなかなか売っていないので、探している方は選択肢としてアリと思います。

あ、Amazonには売ってなくて、楽天にはありました。

タイトルとURLをコピーしました