【在宅ワーク】生産性を上げて自宅を快適にする12のモノ

ガジェット
Photo by Allie on Unsplash

出社がマストではない会社で働いていると、家で働くことも多くなります。そしてコロナの影響で在宅ワークが半ばマストになりました。

2年間在宅ワークを経験して、「あったほうが色々と捗る」と感じたものをご紹介します。

「一般的に必要なモノ」というより「僕が必要と感じているものや、欲しいもの」って感じかも(笑

広いデスク

PCで作業できるスペースがあれば最低限仕事はできますが、広いほうが良いですよね。

飲み物を置いたり紙面を広げたりしますし、そもそも狭いと窮屈感があってストレスが溜まります。

僕はMacBook Airを外部モニターに接続して使ってて、このMacBook Airが意外とデスクの面積を取ってしまいます。特に、何か書類を書きたい時は意外とスペースがなくて窮屈です。

ちなみに、今使っているデスクは↓のような120cm × 70cm。「ちょっと大きいかな」と思って買いましたが、正直もっと広いほうがいいくらい。これより狭いと気分的にキツイなぁ。

欲を言えば、IKEAのカールビーを天板にしたデスクがめちゃ欲しい。かったのですが、売り切れなので、天板を自作して電動昇降式デスクを作りました。

良いイス

一日中座り続けるわけですから、お金を一番かけても良いものと思います。

作業に没頭すると、気付いた時には腰に疲れが来始めた後。一度、疲れを感じると集中力の持続に影響しますし、何より在宅だとテレビや本など他の誘惑に負けやすくなります。

今使っているイスは、オカムラのビラージュ。昔勤めてた会社から貰ったもので、↓が一番近いかな。

座り心地は文句なしなんですが、さらに座り心地が良くて、さらに疲れないイスがほしいなぁ。

予算を無視できるなら、Ergohumanのイスとか憧れます。

速いPC

PCはヘンにケチってはだめと感じています。

事務作業だろうが、プログラミングだろうが、動画編集だろうが、作業に関係なくPCのスペックは高い方が良いです(限度はありますが)。たとえ事務作業でも、Excelファイルが開く時間が遅ければ、それだけ生産性が下がるわけですから。

また、在宅ワークだとブラウザを開いたりExcelやPowerPointなどで作業をしながら、

  • ZoomなどのWeb会議ツール
  • マイク
  • カメラ

などを同時利用する機会が多くなります。つまりPC上で同時に起動するアプリケーションの数が増えるため、PCへの負荷が多くなります。

スペックが足りないとPCの発熱量が増え、音声や画像がカクつくなどしてWeb会議にもスムーズに参加できなくなるので、それなりのスペックのPCがあるほうが安心です。

事実、今僕はMacBook Air(Early 2015)を使ってますが、少し長めのWeb会議やオンラインセミナーに参加すると、発熱量がとても多くなり、画面がカクつき始めます。

画像編集するし、動画編集もしたいので、Mac miniとeGPUを買おうかと思案中。

でかいモニター

広いモニターは、生産性に直結します。デュアルモニターに慣れてしまった今、1画面で仕事するとストレスが半端ないです。

僕は、LGの34インチウルトラワイドモニターを使ってます

結構満足してるんですが、もう少し横幅のあるモニターが欲しいです。ウィンドウを2つ並べた時にもっと見やすくしたい。

ただし注意点は、モニターは縦にも横にも大きければ良いというものではありません。一度、40インチのモニターを使ったことがありますが、縦の視点移動が多くて頭痛に悩まされたことがあります。個人的にオススメは横に長いウルトラワイドモニターです。

あと、ずっと画面を見ていると眼が疲れてきます。モニターの周辺を明るくすると疲れが軽減され(る気がし)ます。

速いインターネット回線

Web会議が当たり前な状況で、遅い回線は死活問題。

在宅ワークをする人が増えた影響で、自宅のネット回線が遅くなっている知人が多いです。特に、マンションの共用ネット回線を利用している人がそうなっています。

共用ネット回線は、マンション内の各住人と回線を共有するので、利用者が増えれば速度が落ちます。またセキュリティ面でもあまりオススメはしません。個別で回線契約したほうが良いです。

また、IPv4ではなくIPv6で接続できた方が回線速度は増します。なので、IPv6接続に対応しているプロバイダーのサービスと契約すると快適になります。

今はIIJmioひかりのIPoEオプションを利用して、IPv6接続しています。実測で250Mbpsくらい出てて快適。

ある土曜日14時ごろの速度

欲を言えば、NURO 光が使いたいなぁ。激速ですよ、あれ。

Web会議用のマイク

映像の画質も大事だと思いますが、優先度が高いのは音質です。

Web会議で相手の声が聞き取りにくいことは、とってもストレスになります。あまりにひどいと「電話にしません?」と言いたくなったりします。

PCに接続するマイクで個人利用なら、USB接続できるコンデンサーマイクが良いと思います。

僕は、オーディオインターフェイスがあったので、マイクケーブルで接続できるAT2020を使っています。上司にWeb会議で「音いいねぇ」と言われるくらい良いです。

スマホなら、外付けマイクをつけるだけで音質はかなり向上します。

Web会議用のカメラ

ネットワーク環境とマイクの音質が十分であれば、次はWebカメラ。相手が自分の顔を鮮明に見られるほど、ストレスは少なくなるはず。また画質が良いと、なぜか自分も気分が良くなります。

キャプチャーボードを買ってミラーレスカメラをWebカメラとして使うと、画質が飛び抜けて良くなります。(もちろん使用するレンズにもよりますが)

休憩用のソファ

ずっとデスクチェアに座りっぱなしではなく、合間合間にソファでノートPCを叩きながら仕事もします。オフィスほど広くない自宅だからこそ、作業できる場所の数だけ気分転換ができる場所を得ることになります。

あまり居心地がいいと危険ですが(笑

エスプレッソマシン

今、一番欲しいものがこれ。コンビニまでコーヒーを買いに行かずに済む、、、とすごい居心地がよくなるんだけど。家の中にコーヒーのいい匂いを漂わせたい。

【2020年6月28日追記】

ネスプレッソマシンを買いました。超快適。

緑(観葉植物)

やっぱり視覚的に安らぐものがないと、目が休まらないですね。小さな緑をデスクに置くだけでもだいぶ雰囲気が変わります。ドライフラワーもいいと思います。

筋トレ器具

ジムに行けない状態なので、ケトルベルでがんばってます。広い土地さえ持っていたら、プライベートジムを造るのに。今回ほど土地が欲しいと思ったことはない。。。

宅配ボックス

在宅勤務が多いと、(なぜか)オンラインで買い物がすることが多くなり、宅配を受け取る回数が増えます。

それだけ仕事から手を離さなくてはいけなくなるので、あると超便利、、、なんだけど、僕が住んでいるマンションでは置く場所がないので断念中。。。

【まとめ】家の生活環境のカイゼンにもなる

在宅ワークの環境を良くしようとすると、自然と生活に関わる部分もカイゼンすることになります。

また、自宅にいる時間が増えるということは、それだけ自宅の改善点が目につくということです。

仕事の生産性を上げる、という視点だけでなく、家を快適にするという視点を持つと、自宅がより快適になると思います。

タイトルとURLをコピーしました